手の太陽小腸経19穴の簡単な覚え方!語源イメージと語呂合わせで完璧!学生向け

手の太陽小腸経19穴。

覚えやすい区切りに分け、

語源と漢字の意味を知り、

ゴロ合わせに頼る

と覚えやすくなります。教科書は文字ばっかりでイメージしづらいですよね。にまとめてみます。ぜひ参考にしてみてください!

※小腸経、私には覚えづらくて、

いい覚え方があるぜ!という方いらしたら、ページ下のコメントにお願いします><

手の太陽小腸経 覚え方

私の経穴の覚え方は、

覚えやすい区切りをつけ、区切りの中で語源などで経穴を覚えて、

何度も反復して流れを覚えてしまい、

印象が残りにく、忘れやすい位置、重要なところをゴロ合わせなどで補足するようにしています。

👇参照記事

経穴の覚え方&勉強の仕方!読み・書き・位置を完璧にしたい鍼灸学生必見!│経絡経穴概論 試験対策

場所を示しつつ紹介していきたいと思います。

 

少沢 前谷 後渓 腕骨 陽谷

SM1
少沢
小指末節骨
爪甲角の
近位内方1分
陰の気、指の
=支流
小腸経の井金穴
SM2
前谷
第5中手指節関節
尺側の遠位陥凹部
赤白肉際
=中手指節関節の
=陥凹
小腸経の榮水穴
SM3
後渓
第5中手指節関節
尺側の近位陥凹部
赤白肉際
=中手指節関節の
=谷を流れる川
小腸経の兪木穴、
八脈交会穴
SM4
腕骨
第5中手骨底部と
三角骨の間の陥凹部
赤白肉際
を支える

小腸の原穴
SM5
陽谷
三角骨と
尺骨茎状突起
の間の陥凹部
経、
=くぼみ
小腸経の経火穴

指先から手首までの5穴までです。

少沢

指先で接続する経脈の井穴は、同じ漢字が使われている、なんて法則があります。

腸経は陰心経の衝からの流れを受けた沢から始まって、手の一番小指側を走ります。

心経と小腸経の走行を混同しやすいですが、少側なのがいいですね。

 

また、といえば、合水穴で肘にある肺経の尺、心包経の曲、ですね。

少沢は尺沢や曲沢に比べたら「少ない」沢、ということなんでしょうか。。

これから尺沢と曲沢を指すときは少沢で指せば覚えるかもしれません!

 

前谷後渓大腸経の二間三間の関係ですね。

拳の前後です。

後渓は兪木穴。兪木穴のあとには原穴があります。

 

小腸経の原穴は腕骨です。

三角骨を挟んで腕骨と陽谷があります。

腕骨と聞くと、腕側・・尺骨の近くと思ってしまいますが、そっちには陽谷がいます。。

尺骨頭がボコっと山になって、陽谷のあるポイントは陥凹して確かに谷っぽいといわれたら谷です。

穴・谷は大腸経の経穴タバコ窩にある渓と同じ手関節横紋上にあります。

スポンサードリンク

養老 支正 小海

SM6
養老
尺骨頭橈側
手関節横紋
上方1寸
水穀の精微で
いを
小腸の郄穴
SM7
尺骨内縁と
尺側手根屈筋の間
手関節横紋
上方
脈、分かれ

小腸の絡穴
SM8
小海
肘頭と
上腕骨内側上顆
の間
腸経の

小腸経の合土穴

陽谷→養老とようよう続き、小指側だったのが、

前腕ではちょっとだけ真ん中側に寄ります。

 

養老といえば、岐阜県にある養老の滝が思い浮かびますよね~~

養老の滝に訪れた天武天皇時代らへんの元正天皇という女性天皇は、

病に効く水やこれは~~!と感銘し、改元して「養老」という年号を作ったりしています。

今風に言えば、アンチエイジングに効きそうなミネラルたっぷりのいいお水や~~!ということですかね・・

劇的に効きそうな郄穴感あります!!押しながら覚えましょう(私には良い覚え方がない)

 

は、しいという字が画なので寸で覚えています。多数決で数えましたよね。

漢字も正経の分枝ということで、絡穴っぽいですね。

 

心経少海小海の位置は、紛らわしいので、図で確認しましょう。

少海:上腕骨内側上顆の前縁、肘窩横紋と同じ高さ

 

 

小海:上腕骨内側上顆と肘頭の間の陥凹部
上腕骨尺骨神経溝中

 

肩貞 臑兪 天宗 秉風 曲垣 肩外兪 肩中兪

SM9
肩貞
腋窩横紋後端の
上方1寸

=上肢を動かしても
位置がまる
SM10
臑兪
腋窩横紋後端の上方
肩甲棘の
下方陥凹部
=三角筋
=注ぐ穴
SM11
天宗
肩甲棘の中点と
肩甲骨下角を結んだ線上
肩甲棘から3分の1
=上部、星
=集まる、中心
SM12
秉風
棘上窩
肩甲棘中点の上方
=稲の束を掴む
SM13
曲垣
肩甲棘内端の
上方陥凹部
=肩甲骨内縁の湾曲
=縁
SM14
肩外兪
第1胸椎棘突起下縁
後正中線の外方3寸

にある経穴
SM15
肩中兪
第7頸椎棘突起下縁
後正中線の外方2寸

真ん寄りの経穴

一気に肩にいきます。

小腸経で一番ややこしいところです。ジグザグしています。

位置を確認してみましょう。

経穴名の意味と絡めて覚えています。

 

この中で初めて見る漢字は秉風のでした。

調べてみたら、木偏を加えた

という字は刀などの掴む部分、

つか=と同じ漢字のようです。

(竜と龍が同じ、みたいな関係)

柄はヘイとも読むし、秉の元々の「稲を掴む」という意味に「つか」がリンクしてますね。

また、四文字熟語に

秉燭夜遊(へいしょくやゆう)

~人生は短いので、秉燭:手に灯りを持って 夜遊:夜遅くまで遊んで楽しもうという意味~

というのがあるらしく、(カッコいい)

秉風は「風邪を捕まえる」という意味であると想像できます。

肩甲棘って別名天使の羽って言ったりしますが、肩甲棘に稲束置いたら、天使の羽っぽくなりそうじゃないですか・・?

 

また、曲垣肩甲棘内端の上方陥凹部、

続く肩外兪は第1胸椎棘突起下縁で後正中線の外方3寸

ですが、思い出してほしいのが、骨度法

肩甲棘の触診が小腸経ではとても重要なので、復習しておきましょう!!

スポンサードリンク

天窓 天容 顴髎 聴宮

SM16
天窓
胸鎖乳突筋の後縁
甲状軟骨上縁
と同じ高さ
=頭
SM17
天容
下顎角の後方
胸鎖乳突筋の
前方陥凹部
=頭
=入れ物
SM18
顴髎
外眼角の直下
頬骨下方の陥凹部
=頬骨
=くぼみ
SM19
聴宮
耳珠中央の前縁と
下顎骨関節突起
の間の陥凹部

=中心

別記事にて胸鎖乳突筋周辺のツボを合わせて覚え方を書いています。

胸鎖乳突筋の経穴の簡単な覚え方!甲状軟骨・輪状軟骨・下顎角の高さ、前縁・後縁の位置が分かる│経絡経穴概論

 

顴髎の顴は頬骨という意味で、大腸経に巨髎というツボがあり、どちらも美容鍼ではメジャーなポイントです。

聴宮は耳のツボで、ややこしいツボに胆経の聴会と三焦経の和髎があります。混同しない覚え方を考えたらブログで紹介していきたいと思います!!

手の太陽小腸経 流注

手の太陽小腸経は、手の少陰心経の脈気を受けて小指内側端に起こり、

手の内側、前腕後内側、尺骨神経溝、上腕後内側を上り、肩関節に出て、肩甲骨をめぐり、

肩上から大鎖骨上窩に入り、下って心をまとう。咽喉、食道を巡ったのち、横隔膜を貫いて胃に至り、

小腸に属する。

大鎖骨上窩で分かれた支脈は頸をめぐり、頬に上り、外眼角に至り、耳の中に入る。

頬から分かれた支脈は鼻をと覆って内眼角に至り、足の太陽膀胱経につながる。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。