五兪穴(五行穴)とは?井・滎・兪・経・合の水の流れ・陰陽経で五行が異なることを徹底解説!経絡経穴概論 試験対策

鍼灸学生tmotsubo、穴シリーズの、五兪穴五行穴についてまとめてみましたので、ご紹介していきます。

鍼灸・東洋医学を学ぶ学生さんのお役に立てれば幸いです!

スポンサードリンク

五兪穴とは?

361個ある経穴のうち、要穴として治療・診断上特に重要とされているツボのうち、

正経十二経脈上に存在する、

・五行の性質をもつ経穴が、五兪穴

要穴の全体像が見えない方は別記事で確認してみてください!

腧穴とは?何個・何種類ある?経穴・要穴(四総穴・八会穴・八脈交会穴・交会穴・下合穴・五要穴・五行穴)が分かる!経絡経穴概論 試験対策

その五兪穴。

井穴・滎穴・兪穴・経穴・合穴

を指し、十二経脈×5の60個あります。

一覧がこちら。

これを覚える、と思うと、泣きそうです。。

この、「井・滎・兪・経・合」

水の流れに例えられている、というのが語源だそうなのですが、、

中国語と日本語ってそんな違う?!ってくらい、

どれもこれものイメージがない漢字で、氵さんずい ですらない。

意味がわかりませんよね。

解説していきます。

スポンサードリンク

五兪穴の水の流れのイメージ

五兪穴は、気が経脈を流れる様子をの流れに例え、

役割付けや主治はこれ、と定めています。

 

井・滎・兪・経・合

が水の流れに例えられる、ということがどういうことか。

意味
井穴 脈気のる所
滎穴 脈気のる所
兪穴 脈気のぐ所
経穴 脈気のく所
合穴 脈気のる所

上記は教科書に載っている内容です。

 

解説したつもりなのでしょうが、まだ、意味がわかりません。

そして、この水の流れは、

井⇒滎⇒兪⇒経⇒合

の順で順序よく流れている、ということですが、

るがスタート、ということしかイメージがわきませんね・・

スポンサードリンク

そこで、イメージを作ってみました。力作です。

つまり。

意味
井穴 脈気のる所 湧き水の源。
滎穴 脈気のる所 源からのちょろちょろな流れ始め。
兪穴 脈気のぐ所 ちょろちょろ流れが注いで集まる湖。
経穴 脈気のく所 湖から海へと行く経路。つまり川。
合穴 脈気のる所 川から海へ合流する所。

山から水が湧き出て川になり、そして海へ・・

と流れていくイメージが出来上がってきました。

また、

井⇒滎⇒兪⇒経⇒合

は、指先・足先という末端から始まり、求心性に流れていくのがまた面白いです。

では、引き続き五兪穴の主治を見ていきましょう。

スポンサードリンク

五兪穴の主治と覚え方

五兪穴には、主治があります。

意味 主治
井穴 経脈の出る所 心下満 肝経
滎穴 経脈の溜る所 身熱 心経
兪穴 経脈の注ぐ所 体重節痛 脾経
経穴 経脈の行く所 喘咳寒熱 肺経
合穴 経脈の入る所 逆気而泄 腎経

これもちょっとややこしいですが、

それぞれ、肝心脾肺腎の病症に対応しています。

解説していきます。

井穴 心下満 肝経

心下満(しんげまん)とは、心窩部(みぞおちあたり)に生じた、膨張感や緊張。

の疏泄作用が障害され、気が滞ると、みぞおちのあたりがなんだか張ってくる・・

それが心下満です。

の気滞によって、満パンに膨らんだ症状が、脈気の出る井穴の主治です。

滎穴 身熱 心経

身熱とは、その名の通り、全身の発熱。

火のが熱をさらに持って、全身を熱くしてしまう病症です。

その身熱を治すのが、脈気の溜る滎穴です。

兪穴 体重節痛 脾経

体重節痛とは、湿邪に侵され、カラダがむくんで重だるい様子。関節も痛いです。

脾は湿を嫌い、昇清作用で肺に湿を送りますが、それが滞ると、湿まみれ。

また、食べ過ぎ飲み過ぎでも溜まってしまい、重だるくなります。

それで起こる体重節痛を主治とするのが、脈気の注ぐ兪穴です。

経穴 喘咳寒熱 肺経

喘咳寒熱とは、咳を伴う風邪のこと。

言わずもがな、肺の病症ですね。

喘咳寒熱を治すのが、脈気の行く経穴です。

合穴 逆気而泄 腎経

逆気而泄とは、上にのぼせて、下からも排泄、下痢のことです。

腎っぽいですが、いかがでしょう。。

逆気而泄を治すのが、脈気の入る合穴です。

スポンサードリンク

五兪穴の五行穴

井⇒滎⇒兪⇒経⇒合

の五兪穴は、末端から求心性に経脈が流れていくという、

順番を表していました。

そこに、五行の性質が組み合わさり、五兪穴は完全体になります。

穴、穴、穴、金穴、

です。表に現します。

意味 主治 陰経 陽経
井穴 経脈の出る所 心下満
滎穴 経脈の溜る所 身熱
兪穴 経脈の注ぐ所 体重節痛
経穴 経脈の行く所 喘咳寒熱
合穴 経脈の入る所 逆気而泄

陰経の井穴、陽経の井金穴・・というのが五兪穴の真の姿。完全体です。

ここで。気になるポイント。みんな思うよね。

陰経と陽経で五行の性質が違う。

どうして、陰経と陽経で木火土金水の五行の性質が違うのでしょうか?

陽経と陰経で五行の性質が異なるのはなぜ?

五行の性質の基本といえば、相生と相克

相生は、水の流れは海で終わらず天となって山に帰ってまた始まると考えれば、説明できるとして、、

相克。

陽=腑が、陰=臓を克するような関係に、なっています・・!!!

 

主治として挙がっていた、病症。

全て肝・心・脾・肺・腎の、五臓に関係していました。六腑ではないですね。

そして、心下満は肝の気滞、身熱は心の実、体重節痛は脾が食べ過ぎで苦しんでいる・・

実か虚でいうと、五臓の実の病症です。

それを剋するような、関係なのかなあ・・・と・・。

まだ、ここについては、一年生。真意が分からない。。

あくまでも私流の覚え方ではありますが、勉強に勤しむ読者さんのお役に立てれば幸いです!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です