五要穴とは?原穴・郄穴・絡穴・兪穴・募穴をイメージで覚えよう!経絡経穴概論 試験対策

鍼灸学生tmotsubo、複雑で覚えづらい、

原穴・郄穴・絡穴・兪穴・募穴五要穴についてまとめてみました。

鍼灸・東洋医学を学ぶ学生さんのお役に立てれば幸いです!

スポンサードリンク

五要穴とは?

まず最初に、五要穴とは。

361個ある経穴のうち、要穴として治療・診断上特に重要とされているツボのことをいいます。

五要穴とは、要穴の中でも特に重要な五種の要穴で、通称が五要穴ですね。

全体像が見えない方は別記事で確認してみてください!

腧穴とは?何個・何種類ある?経穴・要穴(四総穴・八会穴・八脈交会穴・交会穴・下合穴・五要穴・五行穴)が分かる!経絡経穴概論 試験対策

その五要穴。

原穴・郄穴・絡穴・兪穴・募穴

を指し、全部でなんと67穴あります。

一欄がこちら。

教科書から引用しました。

鍼灸学生だったら、いずれ、これを全て覚える・・

と思うと、泣きそうですね。

解説しやすい順に、兪穴→募穴→原穴→郄穴→絡穴と説明していきます。

スポンサードリンク

兪穴 12穴 背側

臓腑それぞれの、臓腑の気が注ぐところを兪穴(背部兪穴)といいます。

すべて腰部の太陽膀胱経上にあり、経穴名も臓器の名前がついてて、とってもわかりやすいです。

私の兪穴のイメージは、お日様のあたる、「陽」の背中に、気が注ぎ込む、渦巻き。

渦の中心が兪穴で、邪気やら外界の気やら、経脈の気やら。

この兪穴から色々な気が注ぎ込んで、体内に入っていく、というイメージです。

 

病邪が臓腑を侵したら、その対応する兪穴に異常な反応が診られる・・とされており、

まさに、臓器の不調があると、サインとして現れるのでしょう。

そして、この兪穴と陰陽表裏の関係があるのが、次の、募穴です。

スポンサードリンク

募穴 12穴 臓腑ごとに一穴 腹側

臓腑それぞれの、臓腑の気が多く集まるところを募穴といいます。募集の募ですね。

陰」の腹側にあり、臓腑に一つずつありますが、

大腸の募穴が大腸経にあるかというと、そうではなく、胃経上に存在したり、

任脈上にある募穴が6穴、なんと半分もあったり。

経穴が臓腑の位置の近くにある、というだけで、存在する経脈に法則はあまりありません・・

私の募穴のイメージは、のあたる、「陰」の腹側で、気を貯め込む、バケツ。(ぼけつなだけに・・)

バケツの底が募穴で、お腹の皮膚面が底のイメージです。

この兪穴から色々な気が注ぎ込んで、体内に入っていく、というイメージです。

募穴と兪穴は内臓の不調を診断し、整えることに使うので、治療でよく使われるツボです。

原穴12穴 正経十二経脈に1穴ずつ  手首足首

先天の気:原気が集まるので、原穴

原気は、三焦を通って、全身に流れていますが、その元気が留まり、また出入りするのが、原穴とされています。

原気・宗気・衛気・営気が分かる!先天の気と後天の気の生理をわかりやすく解説!東洋医学概論 試験対策

各臓腑に属し、表裏関係にある臓腑に絡している正経十二経脈。

12本に、各1穴ずつあり、全て手首足首にあるのが特徴です。

私の原穴のイメージは、手首足首にあると聞いて、そう、

手から「気」を放出する技で敵を倒し、足からの「気」で空中を飛ぶ、孫悟空はじめドラゴンボールキャラ達。

元気玉、という技もあるので、原穴っぽさがドラゴンボールに増します。

押して痛いかどうかでその臓腑の原気の状態も反映する、というスゴイツボ。

六臓六腑の疾病に用いられ陰経は兪土穴を兼ねていて、

太淵は肺経の原穴、兪土穴、と必ずセットです。

郄穴 16穴 正経十二経脈上+奇経の四脈上

郄穴。私は撃退(げきたい)穴と呼んでいます。

郄は隙間の意味で、骨と筋肉の隙間のこと。

 

奇経八脈は固有の経穴を持たないので、奇経の四脈上とはありますが、正経十二経脈上の経穴でもあります。

急性症状の反応点として、さっと撃退してくれるのが、このツボです。

絡穴 15穴

絡穴。私は連絡(れんらく)穴と呼んでいます。

絡む、という意味のとおり、他の経脈と連絡のために分枝している、とされていて、

経脈が大抵まっすぐ流れているのに、この絡穴は飛び出しているところにあるツボが多いです。

 

14経脈に一つずつ+脾の大絡に1つ。

慢性症状の治療点です。

国家試験にチャレンジ

作成中です。

あくまでも私流の覚え方ではありますが、勉強に勤しむ読者さんのお役に立てれば幸いです!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です