陰陽可分とは?五臓の「陰中の陽」「陽中の陰」が分かる!五行配当の陰陽で理解する簡単な覚え方│東洋医学概論 試験対策

光があれば影がある、表があれば裏もある、人生山ありゃ谷もある・・

東洋医学でいう「陰陽」の考え方ですね。

鍼灸学生tmotsubo

陰陽の「対立・互根・制約・消長・転化・可分」

のうち、陰陽可分がちょっと混乱します。

「陰中の陽」と「陽中の陰」

ってどっちがどっちか分からなくなりませんか?

陰中の陽って、、なの?なの?

「○中の△」っていう日本語、わかんないのです。

そして、五臓(肝・心・脾・肺・腎)も陰陽可分されて、

陰中の陽とか陰中の陰とか。。。更に分からない

徹底的に解説して、簡単に覚える方法を編み出しましたので、ご紹介していきます。

鍼灸・東洋医学を学ぶ学生さんのお役に立てれば幸いです!

スポンサードリンク

陰陽可分とは

まず、陰陽可分とは、

「陰陽にけることが能である」ということ。

陰と陽の関係だ!と説明できる、対称的な2つの組み合わせがあって、

分けられたものがさらに、2つの対称的な組み合わせで説明できれば、

極論、無限に枝分け出来ますよ~という考え方です。

なんだか細胞分裂みたいです。

この中でも、とくに最初の枝分かれを、

陽中の陽
陽中の陰
陰中の陽
陰中の陰

と表現したりしています。陽やら陰やら・・

よく出される陰陽可分の例

次に、陰陽可分のよく出される例を挙げてみます。

太陽と月

太陽が、月がです。

そして太陽には、的な快晴もあれば的な曇天もあります。

の月にも、闇夜を照らす的な満月もあれば、的な真っ暗な新月もあり、陰陽可分ですね。

快晴は陽中の陽、曇天は陽中の陰、満月は陰中の陽、新月は陰中の陰になります。

昼と夜

今度は朝→昼→夕→夜・・

流れのあるパターン。

陰中の陽→陽中の陽→陽中の陰→陰中の陰→・・

と陰陽の消長・転化が繰り返される流れになっています。

真ん中の太極図がまさに、陰陽の消長・転化・可分を表すとされるのですが、

陰が強くなっても陰の中に陽○があり、後に陽に転じる

陽が強くなっても陽の中に陰●があり、後に陰に転じる

ということで、陰陽の消長・転化・可分の性質がよりわかりやすいですね。

これらを踏まえた上で、五臓の陰陽可分について、見ていきましょう。

スポンサードリンク

五臓の陰陽可分

五臓の陰陽可分について見ていきましょう。

考え方は、

  • 五行配当の陰陽消長で考える
  • 上半身を陽、下半身を陰とし、奇数=陽、偶数=陰と考える

というのがあります。覚えやすい方で理解してください!

五行配当の陰陽消長で考える

五行配当で考えると、五臓の陰陽がわかりやすくなります。

季節や方角のイメージってとっても大事で、

対応している臓器の性質や陰陽にも関わってきてますね。

しっかりイメージしておけば、○中の△ってなんだ?と日本語には引っ張られないはずです!

上半身を陽、下半身を陰とし、奇数=陽、偶数=陰と考える

基本は上半身がで下半身が

中の上半身にあるのが、心臓と肺。

中の下半身にあるのが、肝臓と腎臓。

になります。

 

さらに、奇数個の臓器か、偶数個の臓器かを見ていくと、

肺と腎は左右2個ある臓器→偶数の

心臓と肝臓は1個の臓器→奇数の

ということで、

以上、陰陽可分の解説でした!!

スポンサードリンク

国家試験にチャレンジ

ここまで押さえたうえで、国家試験に出た問題にチャレンジしてみましょう!

(はき第8回-97)[東洋医学概論]

Correct! Wrong!

正解は「3.陰陽消長」です。 陰陽可分は陰と陽に分けても更に分けられること、陰陽転化は陰が極まると陽に、陽が極まると陰にかわること、陰陽制約は陰陽がバランスを取り合うことですね。

 

陰陽可分を問う問題はあまり出題がなく、

選択肢の中に入れておく形で過去には出題されているようですね。

 

以上、あくまでも私流の覚え方ではありますが、勉強に勤しむ読者さんのお役に立てれば幸いです!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です