紙上施灸&失眠施灸のスピードを上げるには?半米粒大の透熱灸をひねる・こよるコツ

鍼灸学生、モコモコのもぐさをちねってひねって・・

「半米粒大」のサイズの熱くない「透熱灸」を授業でやりますよね。

👉半米粒大の大きさを見る!

テストでは、◯分以内に△壮で合格といったように、

スピードが求められます。

鍼灸学生、進級のために真剣に頑張らねばなりません。

私なりに、お灸のスピードを上げるコツを書いていきます!

スポンサードリンク

スピード 数値目標

失眠施灸 2分で10壮

両足の失眠に左右交互に、重ね灸を、

2分間以内に10壮できるスピードを目指しましょう。

紙上施灸 5分間で30壮

紙上施灸では、穴が空かない熱さのお灸で、

5分間以内に30壮できるスピードを目指しましょう。

 

目指すべき目標を確認したところで、

スピードを上げるためのコツを書いていきます!

スピードを上げるためのコツ

スピードを上げるためには、

  • こより・置く・点火 それぞれ の動作スピードを上げる
  • 無駄を省いて時間ロスをなくす

ということが必要になってきます。

私が考えるコツをずばり紹介していきます。

こより・置く・点火 それぞれ の動作スピードを上げる

指の動きは左右同時並行に動かしスピードアップ!

一番お灸のスピードに差が出やすく、

慣れが必要な左右同時並行の指の動き。

こよるのは2往復くらいサッと。

ここはひたすら練習こなすと慣れてきます。

そして、左の指が慣れてくると、右手も同時に動かせるようになってきます。

使いやすい線香の長さでスピードアップ!

線香の長さ。

①~⑤のどの長さにするか、

時と場合によって使いやすい長さを選んでいますか?

こよることだけに集中できる長さを選ぶことが、

ワタシ的にはスピードアップに繋がっています。紹介していきます。

スポンサードリンク

①フルサイズの長さ

線香を握ってはみ出る部分が、折れてしまうリスクのある長さです。

火のついた線香を持っている時に折れると焦るし、

折れた線香が落ちて、患者さんにあたってもいけないですよね。

この線香1本フルを燃やし切るのに何分掛かるかというと、

約50分

です。結構長くもちます。

50分フルでやるスピード勝負でもない限り、使用は避けたい長さです。

半分に折るのがベストです!!

②折れにくい最大の長さ

①より少し短いサイズで、握ってもギリギリ折れにくい長さです。

100壮何分かかるか計測したいときなど、

30分程度線香を使いそうな時に使うにはオススメな長さです。

(ちなみに、100壮の平均時間は、20分ほどらしい。。)

③半分サイズが一番汎用性あり

下から見ると・・

フル線香1本の半分の長さ。

持った時に、端を母指球で支えることができ、長さもあって、折れる心配もない。

個人的には一番使いやすい長さです。

5分間の紙上施灸、2分間失眠施灸など、

短時間で結果を出さなくてはいけないテストでは、

ぜひ、使いたいのはこちらです!!

④薬指で支える長さ

 

母指球で支えられなくなったら、

薬指、中指・・と支える指を徐々に変えていかねばなりません。

利き手で持っているので、支える指は無意識的に変えられますが、変える必要のある長さ、ということは認識しておくといいかもです!

⑤火傷リスク、灰貯める用に

火元とかなり接近し、火傷リスクがあるので、使用は避けたい長さです。

私はこの長さになったら、手汗対策用に、

ただ燃やして灰にして貯めます。

スポンサードリンク

無駄を省いて時間ロスをなくす

紐作りでこよりの時間を短縮

先端を整えるだけで済むような、細くて柔らかい紐を作っておけば、

こよる時間を短縮できます。

私は、楊枝くらいの細さくらいで作っています!

左右対称なお灸ができあがるように、

紐にダマはなるべくつくらないようにします。

 

慣れてくると紐は作らずとも半米粒大のお灸は作れますが、

スピード勝負の試験の際などは、紐を作っておくと格段に速いです!

底は整えると時間をロス しかも紙に立ちにくい

ちぎったお灸の底を爪で整えるように授業で習いますよね。

紙の立ちにくさは、私は底を整えなくなったら若干立ちやすくなりました。

失眠施灸では、お灸を立たせるアイテムが使えるので、安心ですね!

線香で点火の時間のロス

考えられる原因を挙げていきますと、、

  • お灸に火が移るのが遅い
  • 1回目の火が消える
  • 釣り上げてしまう

ということがあります。

これは、燃え移りやすい細い先端にし、

しっかり先端めがけて線香を近づければ、時間のロスは解消されます。

細かく見ていきます。

先端を細くする

先端が細いほど、点火しやすいです、が、途中で消えやすくもあります。

火は波のように拡がるので、きれいな円錐状にしなければなりません。

細さと円錐形を意識しましょう。

先端を目視出来ていない?

線香の火が艾に燃え移りやすいのは、先端です。

線香の火をもぐさに近づけて、点火するだけ・・・

私はそう思ってましたが、燃え移るのが、なかなかに遅い

「真上からお灸を見て、線香を近づける」

というのが私のやり方だったからです。

これはNGです。見ていきましょう。

真上からは、お灸の先端のさきっちょは、みえづらい。

横からや斜め上であれば、線香の火が先端に近づくのが分かるので、

手の位置、姿勢を変えて、

先端を確実に狙えるようにしましょう。

釣り上げ防止にもなります!

線香の火力が弱いため

灰がない線香の方が熱い、とクラスメイトが言っていました。(ほんとうかな?)

燃え進んだら灰は灰皿に落とすようにしましょう。

赤く火が灯るまで。線香は離しません。

火の近づけ方は、奥から手前に線香を近づけるようにするとつきやすいです!

 

以上、私なりのお灸をこよるスピードを上げるコツでした!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です