腧穴(しゅけつ)とは?何個・何種類ある?要穴(四総穴・八会穴・下合穴etc)が分かる!経絡経穴概論 試験対策

361個の経穴を、十四経脈ごとに習う授業が始まって・・

途中で出てくる、こんなワード。

「長強は督脈の絡穴です。」

「中極は膀胱の募穴です。」

「尺沢は肺経の合水穴です。」

なんだっけ!!

 

鍼灸学生tmotsubo「穴」とついていれば、全部同じに見えていました。

なんとか頭を整理して、穴シリーズ、まとめてみましたので、ご紹介していきます。

教科書は文字ばっかりでイメージしづらいですよね。にまとめてみます。

鍼灸・東洋医学を学ぶ学生さんのお役に立てれば幸いです!

スポンサードリンク

「穴=ツボ」の分類

まずは、東洋医学で「穴」とつくものは、

日本語で言う、「ツボ」を意味します。

臓腑に不調があったりすると、

そのサインが経絡を通って伝わって、

皮膚上に凹みとして現れ、

これは 穴 だ!としたのが、ツボです。

ツボと呼べる全てを、東洋医学では、

「腧穴(しゅけつ)」

と総称します。

(ちなみに、腧穴(しゅけつ)という読み方を問う国家試験問題が出たことがあるので、読みも抑えておきましょう。)

にくづきへんに、治癒の「兪」の、穴なので、

身体に癒やしを与える穴

と考えられますね。

また、兪というのは木をくり抜いて作る船のことを表すので、カラダの穴という意味でもあります。

 

その、腧穴を分類すると、

経穴、奇穴、阿是穴があり、

なかでも、経穴には、更に色んな穴がありますが、イメージをつけてみてください。

つまり、

腧穴=経穴+奇穴+阿是穴=∞ 

です。

阿是穴がなので、腧穴もとなります。

そして、

経穴要穴+禁灸穴+禁鍼穴+それ以外=361穴

ですね。

禁灸穴+禁鍼穴については、技術向上によって、タブーとされるツボが減ってきているそうで、

個数として数えなくてもいいかもしれない。そしてこのブログではどこか?なにか?という説明は省きます。

 

要穴が、11種類もあります。

五やら四やら八やら。ワケワカラン

そして経穴の、

「それ以外」

ってなんやねん、というと、例えば、任脈を例にとると、

経穴名 よみ 要 穴
CV01 会陰 えいん
CV02 曲骨 きょっこつ
CV03 中極 ちゅうきょく 膀胱募穴
CV04 関元 かんげん 小腸募穴
CV05 石門 せきもん 三焦募穴
CV06 気海 きかい
CV07 陰交 いんこう
CV08 神闕 しんけつ
CV09 水分 すいぶん
CV10 下脘 げかん
CV11 建里 けんり
CV12 中脘 ちゅうかん 胃募穴・腑会
CV13 上脘 じょうかん
CV14 巨闕 こけつ 心募穴
CV15 鳩尾 きゅうび
CV16 中庭 ちゅうてい
CV17 膻中 だんちゅう 心包募穴・気会
CV18 玉堂 ぎょくどう
CV19 紫宮 しきゅう
CV20 華蓋 かがい
CV21 璇璣 せんき
CV22 天突 てんとつ
CV23 廉泉 れんせん
CV24 承漿 しょうしょう

要穴の種類は一旦無視して眺めてみると、

中極・関元・石門・中脘・巨闕・膻中のように、

なにかの要穴となっている経穴もあれば、

要穴ではない経穴もあり、それは単に「要穴ではない、それ以外の経穴」となるのがわかりますね。

 

また、中脘のように、「胃募穴」「腑会」を兼ねたツボもあります。膻中も二役ですね。

こんなふうに、複数の役割・重要性を兼ねているツボも存在していれば、全くなんの要穴でもない経穴もあり、

経穴要穴+禁灸穴+禁鍼穴+それ以外=361穴

となるわけです。

この要穴には何があるか、について、詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

要穴の分類

腧穴=経穴+奇穴+阿是穴

経穴要穴+禁灸穴+禁鍼穴+それ以外=361穴

でした。

経穴は十四経脈上にあるツボで、臓腑につながっているので、治療や診断などに使われる361穴どれも大事なツボですが、

その中でも特にとりわけこれは!!重要!!というのが、要穴です。

11種類、解説していきます。

四総穴 4穴

「このエリアなら守備範囲よ!!」というスゴイツボが、4つあり、

それを四総穴といいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#四総穴 #合谷 #足三里 #列欠 #委中 #鍼灸学生

とも@つぼさん(@tmotsubo)がシェアした投稿 –

この四総穴は、他の要穴も兼ねていて、もはやツボの四天王です。

横にスワイプしたら場所を紹介する写真もあります。確認してみてください。

 

スポンサードリンク

八会穴 8穴

臓 腑 気 血 筋 骨 髄 脈

のそれぞれの気が集まるところで、それぞれの病を治すツボとされます。

こちらも、スワイプして場所を確認してみてください。

八脈交会穴(八宗穴)8穴

奇経八脈のうち、督脈と任脈は経穴を持っていますが、

他の六脈には固有の経穴がなく、

正経十二経脈の2つ以上の経脈にまたがって経穴を連ねて存在しています。

奇経八脈の主治穴が、八脈交会穴です。

↓の記事で詳しく覚え方を解説しています!

カンタン理解!八脈交会穴の組み合わせと奇経八脈の覚え方!奇脈の郄穴も

交会穴

経脈が2つ以上交わるところです。

一覧がこちら。

  • (任脈)中極、関元、陰交、下脘、中脘、上脘、天突、廉泉、承漿
  • (督脈)長強、陶道、大椎、瘂門、風府、脳戸、百会、神庭、水溝
  • (肺経)中府
  • (大腸経)臂臑、肩髃、巨骨、迎香
  • (胃経)承泣、巨髎、地倉、下関、頭維、缺盆
  • (脾経)三陰交、衝門、府舎、大横、腹哀
  • (三焦経)三陽絡

wikiから引っ張ってきましたが、ほんとかな・・?

あんまり知識として知っておくべきものはないですが、交わる経脈が多い代表穴を紹介します。

大椎 督脈 六陽経

百会 督脈 膀胱経 肝経 胆経 三焦経

関元 任脈 足三陰経

三陰交 足三陰経

スポンサードリンク

下合穴 6穴

六腑の病に効くツボで、全て下肢にあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

下合穴のイメージ図と位置のイメージ図作成!! #鍼灸学生 #下合穴 #東洋医学 #鍼灸 #鍼灸ブログ #経穴 #要穴埋め

とも@つぼさん(@tmotsubo)がシェアした投稿 –

の合 足の少陽 GB34 陽陵泉
小腸の合 足の陽明 ST39 下巨虚
の合 足の陽明 ST35 足三里
大腸の合 足の陽明 ST37 上巨虚
膀胱の合 足の太陽膀胱 BL40 委中
三焦の合 足の太陽膀胱 BL39 委陽

腑がなので、下合穴がある経絡も全て陽経上ですね。

また、胆・胃・膀胱は足を走る経脈があるので、そのまま対応する十二経脈上に下合穴があり、

合水穴を兼ねていますが、

小腸・大腸・三焦は手を走る経絡を持つ腑なので、自身の経脈上には下合穴はありません。

 

代わりに、水穀をで腐熟して大腸、小腸へと降ろしていく関係で

胃経に小腸、大腸の下合穴があり、

 

三焦が膀胱へ津液を集める、という関係から、

膀胱経に三焦の下合穴があるとされています。

 

この中で、胆の合、陽陵泉は八会穴の筋会でもありました。

そう、胆の表裏は肝。肝といえば、をつかさどる。。ちょっと繋がりますね。

 

また、胃の合、足三里は腹部の四総穴でもありました。

胃の調子を整えてお腹痛いのに効きそうです。

また、膀胱の合、委中は腰部と背部の四総穴でもありました。

かなり守備範囲が広そうです。

 

五要穴 67穴

長くなるので別のブログで解説します。

五要穴とは?原穴・郄穴・絡穴・兪穴・募穴をイメージで覚えよう!経絡経穴概論 試験対策

五兪穴 60穴

こちらも長くなるので別のブログで解説します。

五兪穴(五行穴)とは?井・滎・兪・経・合の水の流れ・陰陽経で五行が異なることを徹底解説!経絡経穴概論 試験対策

スポンサードリンク

国家試験にチャレンジ

(はき第2回-116)[経絡経穴概論]

Correct! Wrong!

正解は「委中 ──── 腰背の病」です。四総穴は身体を4つのエリアに分け、それぞれを治療対象とする要穴です。顔面部が「合谷」、頭部と後頚部が「列欠」、腹部が「足三里」、腰部と背部が「委中」です。

(はき第2回-114)[経絡経穴概論]

Correct! Wrong!

誤っているのは「太淵 ─── 気会」で、太淵は脈会の八会穴、気会は膻中ですね。

(あ第23回-114)[東洋医学臨床論]

Correct! Wrong!

正解は「下巨虚」です。委中は膀胱の合、足三里は胃の合、陽陵泉は胆の合ですね。

 

以上、あくまでも私流の覚え方ではありますが、勉強に勤しむ読者さんのお役に立てれば幸いです!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。