足の太陰脾経21穴の簡単な覚え方!語源イメージと語呂合わせで完璧!学生向け

足の太陰脾経21穴。

覚えやすい区切りに分け、

語源と漢字の意味を知り、

ゴロ合わせに頼る

と覚えやすくなります。教科書は文字ばっかりでイメージしづらいですよね。にまとめてみます。ぜひ参考にしてみてください!

足の太陰脾経 覚え方

私の経穴の覚え方は、

覚えやすい区切りをつけ、区切りの中で語源などで経穴を覚えて、

何度も反復して流れを覚えてしまい、

印象が残りにく、忘れやすい位置、重要なところをゴロ合わせなどで補足するようにしています。

👇参照記事

経穴の覚え方&勉強の仕方!読み・書き・位置を完璧にしたい鍼灸学生必見!│経絡経穴概論 試験対策

を場所を示しつつ紹介していきたいと思います。

 

隠白 大都 太白 公孫 商丘 5穴

SP1
隠白
足の第1指末節骨
爪甲角の
近位内方1分
壁にれる
肉際、肺=の母
脾経の井木穴
SP2
大都
第1中足指節関節
内側の近位陥凹分
きい第一趾
みやこ
脾経の榮火穴
SP3
太白
第1中足指節関節
内側の遠位陥凹分
太=大きい第一趾
肉際、肺=の母
脾の原穴、脾経の兪土穴
SP4
公孫
第1中足骨底内側
遠位陥凹部
=黄帝、中央
脈、絡穴
脾の絡穴、八脈交会穴
SP5
商丘
内果の前下方
舟状骨粗面と
内果尖の中央陥凹部

=内果
脾の経

足の母趾からの5穴です。

井木穴の隠白が爪付近、
榮火穴の大都が水かき付近、
兪土穴の太白が関節の足首側、

というのはもうほかの経脈でもおなじみの位置ですね。

きい足の親指と、赤肉際を表す名前であるので、親指の内側のツボ達です。

五行式体表ではに相当する、というのが使われるツボが脾経には多くありますが、

脾経なのに肺に関連する名前があるのが不思議ですね。

手では親指を走っていたのは経でした。関係あるんですかね・・?

 

隠白太白が混乱する人は、

隠白(んぱく)が井穴(井戸の)でち番目。

白は肺経の淵や腎経の渓、肝経の衝などと兄弟な原穴・兪土穴と覚えましょう。

 

公孫商丘とともに、脾経の最初の5穴は足の骨を触って

どの凸凹がどの骨か、が分かるのが大切なツボです。

 

 

2Dではなかなか伝えられないので、、、ぜひ、触ってみましょう!!

スポンサードリンク

三陰交 漏谷 地機 陰陵泉 4穴

SP6
陰交
脛骨内縁の後際
内果尖の上方3
足の三陰経(脾・腎・肝)
わる
SP7
漏谷
脛骨内縁の後際
内果尖の上方6寸
※三陰交の上方3
水がれる疾病
=脛骨後際
SP8
地機
脛骨内縁の後際
陰陵泉の下方3
=土=脾

脾経の郄穴
SP9
陰陵泉
脛骨内側顆下縁と
脛骨内縁が接する
陥凹部

=脛骨内側顆
のようなくぼみ
脾経の合水穴

下腿内側の4穴です。

三陰交の覚え方は陰交で3ですね。内果尖から3寸上にあり、女性には重要なツボです。

三陰交から3上がると漏谷があります。

 

内果尖から脛骨に力をかけるように触りながら、さらに脛骨内側顆下縁まで上がると、女性はかなり圧痛を感じると思います。

上がりきったところに陰陵泉があり、3下がると地機があります。

3だらけですね。

陰陵泉は関節部にあるので合穴

地機は郄穴です。

の力と械の力という壮大なパワーで撃退する郄穴!というイメージで覚えています。

 

陰陵泉がある脛骨内側顆下縁は膝蓋骨尖から2寸、膝蓋骨尖から内果尖までは15寸なので、

内果尖から陰陵泉は13寸、地機は10寸のところにあります。

どちらでも答えられるようにしましょう!!

 

 

血海 箕門 衝門 3穴

SP10
血海
内側広筋隆起部
膝蓋骨底内端の上方2寸

SP11
箕門
衝門から3分の1
縫工筋と長内転筋の間
大腿動脈拍動部
足を前に投げ出した座り方
に似ている
SP12
衝門
鼠径溝
大腿動脈拍動部の外方
=動脈拍動部

大腿内側の3穴です。

血海は外側の梁丘(膝蓋骨底外端の上方2寸)に対する内側のツボです。

箕門と衝門はどちらも大腿動脈拍動部です。

めちゃくちゃ分かりづらいところにあります。

きわどいところにあるので、あんまり覚えても使わないかもしれません。。

箕門、衝門、と門が続く2穴で覚えておけば、

胃経の気衝とややこしくならないはずです!!

スポンサードリンク

府舎 腹結 大横 腹哀 4穴

SP13
府舎
臍中央の下方4寸3分
正中外方4寸
=大腸、小腸
=集まるところ
SP14
腹結
臍中央の下方1寸3分
正中外方4寸
の気の
するところ
SP15
大横
臍の外方4寸 腸の
行結腸。臍の横。
SP16
腹哀
臍中央の上方3寸
正中外方4寸

しい音が鳴る

腹部の4穴です。

お腹に関係する漢字が使われているツボが集まっています。

という漢字があるのはここだけです。

 

脾経では一番覚えにくいところです。飛び飛びすぎる。

私も大横しかうまく覚えられていない。。

 

府舎の舎は手を広げるイメージで、肺経の気舎でも登場した漢字です。
\( ‘ω’)/

府は集まる、舎はあつまったものが収容される広い家・・・と考えると、

資産家のおうち。。

府舎に資産(4.3寸)!

と覚えましょう。

 

その3寸上が腹結。

婚して遺産(1.3寸)を狙う!

なツボです。

 

大横はへそ横のツボでした。

その3上が腹哀です。また3寸ですね・・

さんと呼ばせていただいています。。

食竇 天渓 胸郷 周栄 大包 5穴

SP17
食竇
第5肋間
正中外方6寸

=空洞
SP18
天渓
第4肋間
正中外方6寸
=胸郭
=乳汁の分泌
SP19
胸郷
第3肋間
正中外方6寸

=広い
SP20
周栄
第2肋間
正中外方6寸
=全身
=営気
脾から肺に送り、全身へ
SP21
大包
第6肋間
中腋窩線上
諸経脈、諸絡穴を
きく括しまとめる
脾の大絡の絡穴

ラスト、胸部の5穴です。

胸部に4穴あり、大包が少し特殊なところにありますね。

 

べる国 土の

順番を語呂で覚えて、乳汁を意味する天渓が乳中と同じ第4肋間、で覚えて位置を導き出しています。

最後の周栄の上には肺経の中府があるのも特徴的です。

大包は第肋間の腋窩線上にあります。食竇の下の肋間ですね。

足の太陰脾経 流注

足の太陰脾経は、足の陽明胃経の脈気を受けて足の第1指内側端に起こる。

表裏の境目に沿って内果の前を通り、脛骨の後ろに沿って下腿内側を上り、足の厥陰肝経と交わって前に出て大腿前内側を走る。

腹部では前正中線外方4寸を上りながら、任脈、胆経、肝経に交わった後、

脾に属し、胃をまとう。

さらに横隔膜を貫き、胸部では前正中線外方6寸を上り、外に曲がって大包に至る。

さらに、上に向かい中府を通り、食道をはさみ、舌根をにつらなり舌下に広がる。

上腹部より分かれた支脈は、横隔膜を貫き、心中で、手の少陰心経につながる。

 

足の太陰脾経 重要ポイント

脾経は腹側は外方4寸。胸側は外方6寸。を通りますが、、

私の覚え方ですが、という漢字に注目します。

4と6が隠れてますよね!!!!

覚えやすい。

国家試験問題にチャレンジ

(はき第3回-122)[経絡経穴概論]

Correct! Wrong!

大地の力を借りる地機が郄穴ですね。 遍歴は大腸経の絡穴、四瀆は三焦経のツボ、浮郄は漢字から郄穴っぽいですが、要穴ではありません。膀胱経の経穴です。

(はき第4回-115)[経絡経穴概論]

Correct! Wrong!

体重節痛を主るのは五兪穴の「兪穴」です。 この中では太白が兪穴ですね。 陰経では兪穴は原穴を兼ねています。

以上、参考になれば幸いです!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。