足の少陰腎経27穴の簡単な覚え方!語源イメージと語呂合わせで完璧!学生向け

足の少陰腎経27穴。

覚えやすい区切りに分け、

語源と漢字の意味を知り、

ゴロ合わせに頼る

と覚えやすくなります。教科書は文字ばっかりでイメージしづらいですよね。にまとめてみます。ぜひ参考にしてみてください!

足の少陰腎経 覚え方

私の経穴の覚え方は、

覚えやすい区切りをつけ、区切りの中で語源などで経穴を覚えて、

何度も反復して流れを覚えてしまい、

印象が残りにく、忘れやすい位置、重要なところをゴロ合わせなどで補足するようにしています。

👇参照記事

経穴の覚え方&勉強の仕方!読み・書き・位置を完璧にしたい鍼灸学生必見!│経絡経穴概論 試験対策

場所を示しつつ紹介していきたいと思います。

 

湧泉 然谷 太渓 大鐘 水泉 照海 復溜

KI1
湧泉
足底
最陥凹部
足底から気血の

腎経の井木穴
KI2
然谷
舟状骨粗面下方
赤白肉際
舟状骨=
える
腎経の榮
KI3
太渓
内果尖と
アキレス腱の間
腎水が集まった
きな
腎経の兪土穴、
腎の原穴
KI4
大鐘
大鍾
内果後下方
踵骨上方
きいの骨
腎経の絡穴
KI5
水泉
太渓下方1寸
踵骨隆起前方
太渓の下に集まる

腎経の郄穴
KI6
照海
内果尖下方1寸
内果下方
然谷の火に
らされる
八脈交会穴
KI7
復溜
アキレス腱前縁
内果尖上方2寸
流中がして
腎経の経金穴

足の経穴7穴です。

復溜まではなんとか呪文のように順番を覚えつつ、

ぐるっと回る特殊な経脈の流れは、

鬼滅の刃水の呼吸のようなイメージで、、覚えています。

こんな感じ?!↓↓

湧泉から湧いた水が、

然谷太渓へ巡り、

大鐘で一度支流へ逸れて、水泉照海へと回ったら、

本流の復溜へ戻ってくる・・みたいな!!

 

ちょうどは五行でいうとの配当で、

納気っていう呼吸を補助する生理作用がありますよね。全集中だ。

 

太渓膀胱経の崑崙の逆側にあります。

太渓側には後脛骨動脈があり、拍動が取れますが、崑崙側は動脈拍動はありません。

動脈拍動部は他にも肺経の太淵や肝経の太衝など、陰経上で原穴かつ動脈拍動部、というところが多いです。

 

水泉は腎の中でもの属性パワーマックス撃退郄穴!!

というイメージで覚えています。腎経の太渓の下1寸でもありますね。

の次はでかくなって

照海は、八脈交会穴の覚え方で覚えましょう。内果の下1寸です。

交信 築賓 陰谷

KI8
交信
脛骨内縁の後方
内果尖上方2寸
脾経にわる
=月経が時期通り
陰蹻脈の郄穴
KI9
築賓
ヒラメ筋と
アキレス腱の間
内果尖上方5寸
築=腓腹筋が堅い
・客=陰維脈
陰維脈の郄穴
KI10
陰谷
半腱様筋腱外縁
膝窩横紋上
経、
膝窩の
腎経の合水穴

復溜交信は同じ高さです。

内果尖の上方2寸に2穴ですね。

どっちがどっちかややこしいですが、

三陰側が

で覚えています。

築賓は内果尖の上方5寸。復溜の上方3寸です。

膀胱経と隣り合わせの腎経らしい位置にあります。

あんまりいい覚え方が無くて、、筑後川筑5川ちく5がわ・・がどうしても出てきます。関連だし、、

いい覚え方が発明出来たら追記します!

 

また、交信は陰脈の郄穴、築賓は陰脈の郄穴というのもややこしいですが、

脈の踵かかとを意味しているので、

側の交信 陰脈の郄穴

踵から遠い築賓 陰維脈の郄穴

と覚えています。

 

合水穴、陰谷

陰維脈・陰蹻脈の郄穴があることで、陰谷まですべて要穴でした。

陰谷と合わせて覚えるべきは、筋肉です。

鵞足と呼ばれるところがあります。

大腿の縫工筋、薄筋、半腱様筋が腱となり膝の内側で脛骨の上部に付着している部分が、

鵞鳥の足のような形をしているところです。

半腱様筋腱の外側、つまり委中寄りが陰谷です。

陰谷まできたら次は一気に飛んでお腹のツボです。

横骨 大赫 気穴 四満 中注 肓兪

KI11
横骨
臍中央下方5寸
前正中線外方5分
横骨恥骨
KI12
大赫
臍中央下方4寸
前正中線外方5分
子によって
きくなる
KI13
気穴
臍中央下方3寸
前正中線外方5分
KI14
四満
臍中央下方2寸
前正中線外方5分
腹部番目
に効果
KI15
中注
臍中央下方1寸
前正中線外方5分
腎気が集
KI16
肓兪
臍中央外方5分 膜=腸間膜

臍までのツボ6穴です。

正中線の両脇5分ってほぼ任脈やん、、

こんな1穴1穴オリジナリティーあふれる名前付けして使うんかいって私は思ってしまうのですが、

国試までは記憶が持つようにしないといけません。。

任脈と合わせて覚えましょう。

横骨任脈の曲骨の横で分かりやすいですね。

大赫は「大きく輝く」を意味し、膀胱の募穴、中極の隣です。

膀胱炎、尿道炎や精力増強に効くツボ・・と出てきますが、確かにアキラ100%がオボンで隠すぎりぎりのところにあるツボかもしれない。。

 

気穴は関元の隣。

関元といえば、まさに先天の気が集まるところなので、その隣に「気穴」があるのは分かりやすいです。

「穴」とつくツボがあるのは唯一ここだけ。気穴とは言えないので足三里とか言えなくなってしまいますね。。

 

ここまで任脈と合わせて覚えたうえで、結局ゴロだより。

大 穴 満杯に

でなんとかストーリー性をこじつけて覚えています。。

 

肓兪、膀胱経にいそうだけど、「〇兪」というツボでお腹側にあるのは唯一これです。

膀胱経の膏堂の近くにありましたが、

兪は闕の近くにある・・となんか神を守っているのがなのかなと思っています。

商曲 石関 陰都 腹通谷 幽門

KI17
商曲
臍中央上方2寸
前正中線外方5分
=肺・大腸
がる
KI18
石関
臍中央上方3寸
前正中線外方5分
=腹直筋
飲食の
KI19
陰都
臍中央上方4寸
前正中線外方5分
KI20
腹通谷
臍中央上方5寸
前正中線外方5分
穀物が
KI21
幽門
臍中央上方6寸
前正中線外方5分
胃の上部

臍上方1寸にはツボがないのが注意です。

なぜないのか・・と思うときりがないですが、

腸間膜や脂肪の膜を意味する肓兪

厚い層で1寸上までいるから!

と勝手に思っています。

あとは順番を覚えるだけなのですが、順番が覚えづらい。

任脈と並べても、関連があんまりないです。

なので、語呂合わせで覚えます。

店街をがりくくってるその霊の

でこちらもなんとかストーリー性をこじつけて覚えています。。

解剖学的に、胃の入り口が噴門、胃の出口が幽門ですが、

ツボは入口付近が幽門ですね。ややこしや~

歩廊 神封 霊墟 神蔵 彧中 兪府

スポンサードリンク
KI22
歩廊
第5肋間
前正中線外方2寸
=両側
きはじめ
KI23
神封
第4肋間
前正中線外方2寸
=心臓
鎖する
KI24
霊墟
第3肋間
前正中線外方2寸
=心臓
=廃墟
KI25
神蔵
第2肋間
前正中線外方2寸
=心臓
腎気がされる
KI26
彧中
第1肋間
前正中線外方2寸
=肋骨の並び
KI27
兪府
鎖骨下縁
前正中線外方2寸
腎経が集まる

第5肋間から上6穴です。

胸を通るのは脾経が正中線外6寸、胃経が外4寸、腎経は外2寸で、2の倍数で覚えやすいです。

しかもどれも、腹↔胸のひとつながりの経脈でいうと、下端は第5肋間です。

(脾経の大包は周栄から下がって第6間で、胸↔腹と続いていないという意味で)

しかも第一肋間までかと思いきや、鎖骨下縁でフィニッシュ。

ここも順番がとにかく覚えづらいです。神様何回出てくるねん。

ホロウじた冷蔵中府

でこちらもなんとかストーリー性をこじつけて覚えています。。

ホロウは少年ジャンプのBLEACHを思い浮かべる人もいらっしゃるかと思いますが、

悪霊とかそういうやつらですね。歩廊の読みがそのままホロウなので、

封じて冷蔵庫ならぬ冷蔵した中府に入れよう!という語呂です。

中府は言わずもがな肺経の一番最初の経穴ですが、彧と兪を合体しました。

足の少陰腎経 流注

足の少陰腎経は、足の太陽膀胱経の脈気を受けて足の第5趾の下に起こり、

斜めに足底中央に向かい、舟状骨粗面の下に出て内果の後をめぐり、分かれて踵に入る。

下腿後内側、膝窩内側、大腿後内側を上り、体幹では腹部の前正中線外方5分、

胸部では前正中線線の外方2すんを上り、本経と合流する。

大腿後内側で分かれた本経は、脊柱を貫いて肺に入り、気管を巡って舌根を挟んで終わる。

胸部で分かれた支脈は心につらなり、胸中で手の厥陰心包経につながる。

国家試験問題にチャレンジ

(はき第22回-106)[経絡経穴概論]

Correct! Wrong!

足通谷は膀胱経、腹通谷は腎経のツボなので表裏関係にあり、正解です。

(はき第21回-110)[経絡経穴概論]

Correct! Wrong!

半腱様筋腱の外側縁にあるのは陰谷です。位置関係が難しいので、覚えにくいです。

以上、参考になれば幸いです!!

他の経脈の覚え方はこちら↓

解剖経穴についてはこちら↓

【解剖経穴一覧】経穴を筋肉名、神経名、血管名から逆引き検索!

スポンサードリンク

2 Comments

鍼灸2年生

主さんのおかげで経絡経穴なんとかなりそうな気がしてきました!
理系出身で暗記から逃げてきた私にとって、解剖学以上に厄介なかもくなので助かります。

ところで、
KI4 大鐘ですが、「大きい踵骨」との関連でしたら、教科書(東京療法学校協会)のとおり大錘と表記したほうが判りやすいと思うのですが、なぜ旁(つくり)が童の方を取られているのか教えていただきたいです。

ツボ単のP139によると「大錘」は踵骨の形が大きな鐘のようにみえるため~」との記載なので、金偏(かねへん)に旁(つくり)が童の鐘(かね)とするのは納得ですが、
覚え方を重視するのでしたら旁(つくり)を踵と統一して、錘(おもり)とした方が連想しやすいかなぁと思うのですが…

返信する
tmotsubo

鍼灸2年生さま
コメントありがとうございます。
経絡経穴お役に立ててよかったです。
「大鍾」と「大鐘」ですね。
私は無意識に鐘のほうを使っていました。
特にこだわりはなかったのですが、踵骨との関連で覚えるの、いいですね!
いったん併記という形にしてみます。ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。