骨度法の覚え方・ゴロ合わせ一覧!イメージで簡単に分かる!│経絡経穴概論 試験対策

骨度法が覚えられなくて、苦戦する鍼灸マッサージ学生tmotsuboです。

どうせなら、何か覚えやすく覚えたい、と、編み出しました。

教科書は文字ばっかりでイメージしづらいですよね。にまとめてみます。

鍼灸・東洋医学を学ぶ学生さんのお役に立てれば幸いです!

スポンサードリンク

頭部の骨度法

頭部の骨度法です。

後髪際中点 ー 百会 7寸 12寸
百会 ー 前髪際中点 5寸
前髪際中点 ー 眉間 3寸
両 額角髪際 間 9寸
両 乳様突起 間 9寸

頭部の骨度法のゴロ合わせは、こちら。

「七五三っきゅー」です。

七五三に、39(サンキューで9が二個で399だからサンキューみたいな・・笑)

 

このゴロ合わせは、

頭のてっぺん 百会 の前後が何寸か

で覚えるゴロ合わせです。

頭の正中線を流れる督脈のツボは頭上では1.5寸間隔にあります。

教科書の書き込みで見にくくて、すみません。。

後髪際~前髪際が12寸、と教科書に記載の骨度法で覚えるより、

後髪際~百会まで 7寸

百会~前髪際まで 5寸

と分け、合計12寸、と覚えたほうが、

なんだかんだ役立ちそうですよね。

そしてゴロも七五三になって、覚えやすくなります!

スポンサードリンク

胴体の骨度法

胴体の骨度法がこちら。

臍中央 - 恥骨結合上縁 5寸
臍中央胸骨体下端 8寸
両 乳頭 間 8寸
左右の肩甲棘内端縁間 6寸
頚切痕胸骨体下端 9寸

胴体のゴロ合わせは、

「ヘソから中へは4寸 ろっきゅう!」です。

意味不明だと思いますが、こちら▶を最後まで見てください。

 

ヘソの神闕を心に、

という漢字を使うツボが、腹部にそれぞれ寸間隔にあって。

という漢字の画数が、画で。ビックリな覚え方です。

詳しく解説していきます。

お腹側の真ん中を通る任脈と合わせて覚えていくので、

まだ覚えていない方は教科書を片手に見ていってください。

臍中央 - 恥骨結合上縁 5寸

任脈上。

恥骨結合上縁に曲骨、ヘソの中央に神闕というツボがあり、

神闕~曲骨 の骨度法が、5寸 です。

👆「曲骨」という名前そのものが恥骨結合の湾曲を意味するそうです。

ただ5寸を覚えようとすると忘れがちなところです。

 

私の覚え方は、「神闕の寸下が極」を利用した覚え方です。

任脈は、「会陰→曲骨→中極・・」という流れで、

腹部は1寸ずつ離れていて、曲骨⇔中極は1寸です。

 

つまり、

臍中央 - 恥骨結合上縁 =神闕~中極4寸+中極~曲骨1寸=5寸

が導き出せる!ということです。

 

スポンサードリンク

臍中央 - 胸骨体下端 8寸

任脈上。

ヘソの中央(神闕)~胸骨体下端()は骨度法で8寸です。

そして、神闕~中庭 の真んにはがあります。

のつくツボの距離間が寸ですね。

 

ヘソから脘までが 寸で、

脘から庭までも同じく 寸だから、

 

臍中央 - 胸骨体下端 8寸

が導き出せる!ということです。

 

スポンサードリンク

両 乳頭 間 8寸

任脈上。

なんと、もうひとツボ、「」がつくツボがあります。

庭の次、  です。

👆「膻中」という名前そのものが胸元中央、心包を指すそうです。

 

この 

寸左右外方には、なんと。

陽明胃経、乳頭上の乳というツボがあります!!

両 乳頭 間 8寸

が導き出せる!ということです。

 

さらに言えば、および乳は、第肋間の高さにあります。

4尽くしですな!!

骨度法と任脈を合わせて覚えちゃいましょう!!

左右の肩甲棘内端縁間 6寸 & 頚切痕 ー 胸骨体下端 9寸

体幹部最後は、胸骨体下端~頸切痕と、

背部肩甲棘内端縁間です。

背中とお腹で6と9が一回転するようなイメージで、ろっきゅう!!となっていますね。

 

肩甲棘間の6寸は膀胱経の取穴でとてもよく使います。

一行線が正中線外方1.5寸、二行線が正中線外方3寸にあり、いやというほど取穴します。

 

胸骨体下端~頸切痕は、経穴に置き換えると、

任脈天突~鳩尾間ですね。

がかかわる骨度法です。

の漢字のへんが、漢数字のです。

寸、ということではないか・・!!!読みも、きゅうび。

これで忘れません!!

スポンサードリンク

腕の骨度法

腕の骨度法です。

中指尖 - 手関節横紋 8.5寸
肩峰外側端肘窩 12寸
肘窩手関節横紋 12寸
腋窩横紋前端 or 後端肘窩 9寸
肩峰外側端肘窩 90度外転 10寸

腕はゴロ合わせではありません。イメージと漢字で覚えます。

手のひら

ご自身の手で図のごとく「8.5寸」と唱えながら動かしてみましょう。

10秒もやってたら覚えてしまってます。

※作ってから気づきましたが、アニメーションの手のひらが逆です・・ニュアンスを汲み取っていただければ。。!

 

次は、「肘」で覚えます。かなり無理矢理ですが覚えられます。

肘という文字を見つめるしかなかった。。

が、という漢字一文字で解決しました。

「月+寸」と、右のつくりがちょうど、 だったので、月という漢字に情報を押し込めました。

 

ちなみに、12寸というのは、足裏と同じサイズ感です。

1寸約2cmと考えると、12寸は24cmの靴を履く女子の足のサイズくらいになります。大体同じサイズ感ですね。

下肢の骨度法

下肢の骨度法がこちら。

恥骨結合上縁 - 膝蓋骨上縁 18寸
膝蓋骨尖 - 内果尖 15寸
脛骨内側顆下縁 - 内果尖 13寸
脛骨内側顆下縁 - 膝蓋骨尖 2寸
大転子頂点 - 膝窩 19寸
殿溝 - 膝窩 14寸
膝窩 - 外果尖 16寸
内果尖 - 足底 3寸
足指尖 - 踵 12寸

足が一番ややこしくていい覚え方ができたと言えないです。

が、紹介していきます。▶

解説していきます。

下肢内側

下肢の内側。

恥骨結合上縁 - 膝蓋骨上縁 18

膝蓋骨尖 - 足底 18

と、膝で折返しで18寸ずつとなっています。

という漢字が足の側に見えてきます

※外側ではないのが注意!

足の側は、1寸と覚えましょう。

 

そして。ふくらはぎの部分はもう少し覚えるところがあります。

膝蓋骨尖 - 内果尖 15

内果尖 - 足底 

足底から内果尖までは、寸、ということで、指4本、当ててみましょう。ほぼ一致しますね。

18寸と、足底から内果尖まで指当てた間隔が寸、とおぼえておけば、

膝蓋骨尖 - 内果尖 15寸

も導き出せるはずです。

 

さらに、

膝蓋骨尖 - 脛骨内側顆下縁 2寸

についても、指三本、当ててみましょう。

脛骨内側顆下縁 - 内果尖 13寸

も導き出せるはずです!!

指あてるのに頼るのがあんまりよくないですね。

脾経と合わせて覚えるとなおよいです!!

下肢の外側

そして、下肢の外側。

内側よりも、ちょっと長く、1寸ずつ長い、と覚えましょう。


 

ちなみに、膝窩-外果尖=16寸は、胃経の経穴、条口豊隆と合わせて覚えられます。

条口は犢鼻の方8寸

豊隆は外果尖の方8寸 前脛骨筋の外縁

教科書通りの取穴だと、足三里、上巨虚、条口、下巨虚は犢鼻の何寸か、で取穴しますが、

豊隆は外果尖の方8寸という下からの取穴です。

方8寸方8寸と異なりますが、

下腿、外果尖~膝窩の骨度法が16寸なので、どちらもちょうど真ん中で、同じ高さにあるツボです。

 

下肢の覚え方が少々覚えることが多くて大変ですね><

ですが、ただの数字の羅列を覚えるよりは・・少し覚えやすくなったのではないでしょうか。

国家試験にチャレンジ

(はき第10回-112)[経絡経穴概論]

Correct! Wrong!

正解は「胸骨体下端から恥骨結合上際まで」です。胸骨体下端からヘソまでが8寸、ヘソから恥骨結合上際が5寸なので、13寸になります。腋窩から第11肋骨先端まで、を知らなくても、間違っている答えが導き出せます。

(はき第21回-109)[経絡経穴概論]

Correct! Wrong!

正解は、「殿溝の中央から膝窩」です。 膝蓋骨尖から内果尖は15寸、大転子頂点から膝窩は19寸、殿溝の中央から膝窩は14寸、恥骨結合上縁から膝蓋骨上縁は18寸です。

あくまで私流の覚え方ですが、勉強に勤しむ学生さんのお役に立てれば幸いです!

スポンサードリンク

2 Comments

吉兼文恵

すっごく助かりました!
年齢いってからの鍼灸師への挑戦なので、暗記が思うように出来なく日々泣いてます。
骨度法もどうしよう。。。と思っていたので、本当に助かりました!

返信する
tmotsubo

吉兼さま
コメントありがとうございます。
暗記大変ですよね。覚えにくい事がたくさんで私も投げ出しそうになります。
骨度法、私なりの覚え方ですが、お役に立てて嬉しいです!!覚えちゃえば吉兼さまのものです。笑
一緒に頑張りましょう!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。