胎児循環(動脈管、静脈管、卵円孔)簡単覚え方!図でわかりやすくアニメ化理解!解剖学

解剖学。

理解するのにめちゃくちゃ苦戦させられた、鍼灸学生tmotsuboです。

教科書の文章だけ、一方向からの二次元の図だけでは分かりづらいですよね。

今回は胎児循環についてにまとめ、

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家試験に出題された問題で力試ししてみてください。

鍼灸学生以外にも解剖学すべてを学ぶ学生さんのお役に立てれば幸いです!

胎児循環

お腹の中の胎児は、羊水の中にいるので、肺呼吸をしていません。

肺循環がないので血液が心臓から肺に流れる途中で体循環に流れる抜け道があります。

また、酸素や栄養はお母さんから胎盤を通じてもらって、老廃物や二酸化炭素などを排出しています。

お母さんの肝臓で解毒・消化済みの栄養を赤ちゃんに送るので、赤ちゃん自身の肝臓も素通りします。

その流れを動画にしてみました▶

胎児循環の特徴的な構造、循環がいくつかありますね。

 

動脈管=ボタロー管
(見つけたイタリア16世紀の解剖学者ボタローさんから)

静脈管=アランチウス管
(同じくイタリア16世紀のアランチウスさんから)

は、カタカナでも、漢字でも分かるようにしましょう。

 

ゴロになってるか微妙ですが、

動脈イパスタロー管、静脈アランチッス素通り

で覚えています。行か、チッス!と素通りするか、っていう分け方ですね。

 

動画を止めながら、確認してみてください!!

生後の切り替わり

出産により、おぎゃあーと肺呼吸の開始をきっかけに、

肺に空気が入って肺組織が大きく広がると、肺循環に切り替わります。

それにより、動脈管(ボタロー管)のバイパスの役割が終わって動脈管索という結合組織のヒモに、

卵円孔は閉じて卵円窩になります。

また、臍動脈は臍動脈索、臍静脈は肝円索、静脈管(アランチウス管)は静脈管索というヒモにそれぞれなります。

臍静脈だけ名前の変貌ぶりがヤバいですね。

肝臓間膜のおへそ側が、臍静脈のなごりの肝円索、

下大静脈に注いでいた静脈管のなごりが、静脈管索、といったところですね。。

国家試験にチャレンジ

(はき第17回-24)[解剖学]

Correct! Wrong!

動脈管は肺動脈と大動脈弓を繋ぎますので、上行大動脈ではないですね。一見正しそうに見えます。引っかからないように注意ですね。

(はき第5回-15)[解剖学]

Correct! Wrong!

臍静脈はひも状の結合組織、肝円索に変わります。索とは縄、という意味があるようですね。肝円索が選択肢になくて、索状の結合組織とあるのは難しいです。

(あ第23回-21)[解剖学]

Correct! Wrong!

臍静脈は肝鎌状間膜を通り、生後は肝円索となって肝鎌状間膜の一部になります。

(あ第11回-31)[解剖学]

Correct! Wrong!

正解は肺静脈ですね。 胎児循環においては、臍静脈が動脈血を含みます。

以上、参考になれば幸いです!!

動脈、静脈の分枝はこちら

動脈・静脈の分岐 ゴロ・簡単覚え方!イラストとアニメでわかりやすく理解!解剖学

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。