悟空のきもちの予約がやっとの思いで取れたので行ってきた!感想口コミレポート

予約が取れないドライヘッドスパ、

絶頂睡眠で話題の悟空のきもち、鍼灸院ではないですが、鍼灸学生のともつぼが施術をやってもらいにいきました!

感想口コミレポートを書きます!

悟空のきもちとは?

悟空のきもちとは、2008年京都で生まれた頭専門の揉みほぐし店です。

悟空のきもち基本情報

設立:2008年

店舗:京都本店、大阪心斎橋店、大阪堂島店、東京原宿店、東京銀座店

施術:スタンダードコース60分 7000円税込み

引用:悟空のきもちより

色んなテレビで芸能人が眠らされるのを目にして、受けてみたいなあ。。と思ったのが知ったきっかけです。

うどんの布団とか、ところどころ話題になっているのも、同じ会社です。

調べて行こうとするも、まったく予約が取れない

キャンセル待ちの人数が徐々に増えて、全店舗のキャンセル待ち人数、642,676人(2021年4月現在)。

64万人。

キャンセル待ちのLINE登録者数の総数のようですが、登録解除していないだけの人も含まれているとしても、凄い数ですね。。

すごい数過ぎて、施術を受けるのも、ドライヘッドスパ技術スクールも、な~んにもまったく予約が取れない。

なんとか学生のうちに行ってきたいと、予約をまず取ろうと奮闘するところから書いていきます!

予約がやっとの思いで取れた!

まず、HPにある、ご予約ページを見てみると。

予約フォームがあるものの、東京では銀座店、原宿店、いずれも4か月先までバツ印。予約が取れません。

LINEでキャンセル待ちが出来、「最短予約」とあるので登録するも。。

月に1回か2か月に1回ペースくらいで、たま~~に、

キャンセル分の予約を開始します!と連絡があるのですが、

通知がきてすぐチャレンジするも、↓の結果。

通知がきてスタートダッシュですぐ予定を確認して、電話番号もろもろ入力して・・

とやってると、開始から1分で入力完了なんてできなくて、いつも悪戦苦闘でした。

 

ですが、このLINEにもあるように、毎日こまめに予約ページを見ると、予約が取りやすいと!!

予約ページ

暇を見てはこのページを見て、こまめにチェックすると、たま~に空きが出てきています。

「こまめに見ていたら空きは出るんだ」

と数日頑張っただけでも希望が見えるくらいに、空きがあるので嬉しい。

 

ですが、空きがあるとしたら今日とか明日とか直近の分の空きが出てくるので、

「明日行けたらいいなあ」と思っている時に、ページをこまめに見るのがコツです。

そんなこんなで気が向いたときに見ていたら、

予約、取れました~~!!

本当にタイミングなのですが、キャンセルの通知が来る時よりもはるかに予約が取りやすいとおもいました。

裏技もなにもなく、ただ、ひたすら張り付いてキャンセルがあるのを待つだけ。

それだけでしたが、なんとかやっとの思いで取れたので、行ってきました。

スポンサードリンク

体験の感想!

今回行ってみたいな、と思ったのは、

  • 絶頂睡眠を体験してみたい
  • 予約が絶えない秘密を知りたい

というポイントでした。

ちなみに私は寝たら朝まで起きないので不眠ではないのですが、

寝ても疲れが取れないとか、浅い眠りだな、と思う時があって、深い眠りに落ちたい欲があります。

実際に行ってみました!

施術の流れ
  1. 情報確認、事前説明、お会計
  2. ブースに案内
  3. 施術
  4. メイクルームで化粧直し、次回予約

以下、特に気になったところ、いいなと思った所を含めてどんなだったか書いていきます。

スポンサードリンク

ブッダがお出迎え

銀座一丁目の店舗に行ってきました。

特に目立った看板もなくて、マップ通りに到着したビルのテナント欄の10階に、

「悟空のきもち」とあるだけで、シンプル。

エレベータから降りると、ブッダの顔が見えて、めちゃくちゃデカい。

実物見たらインパクトありました。

靴は入口で脱いでスリッパはなしで、椅子に掛けて予約時の情報の確認と、お会計、事前説明がありました。

・ツボを押すというよりも筋膜にアプローチして眠りに誘う施術である(?的なことを言っていた)

・9割ほどが頭のマッサージだが、腕や足、デコルテや首背中もやるが、触ってほしくないところなどはないか。

・10分で寝てしまい、あっという間だったという人もいれば、寝てるのか寝てないのかの境をうろうろする人もいれば、さまざま

・扉の奥では寝ている人もいるので携帯は機内モードか電源オフ。小声で話します。

ドキドキしながらいざ扉を開けると、真っ暗で、謎のイルミとミュージックがかかる空間。いざ、施術です!

リクライニングチェアで施術

鍼灸学生の私は、施術はベッドの上で、と謎の思い込みで訪れたのですが、案内されたブースにはリクライニングチェア。

イメージこんな感じ・・?

背もたれが倒れて、座ると寝るの中間のようなナナメの姿勢でドライヘッドスパです。

暗い空間で、顔にはマスクしたままの上に、タオルがかけられて、椅子がフカフカで、暗くて静かでもう寝るしかありません。

腕と足とデコルテを軽く掌で圧迫マッサージされたあとに、頭や頬骨などの圧力の力の調節を小声で尋ねられ、

もみほぐしが始まりました。

寝・・

60分の施術とのことでしたが、体感30分くらいだったので、たぶん、途中寝ました。(笑)

詳しくは後述しますが、眠れそうで眠れないぞ・・とまどろみながら施術を受けていた感覚があって、

「終わりです」と小声で言われたとき、もう?!と思ったので、たぶんどこかで意識が宙に浮かんでいました。

頭のマッサージは想像以上に圧が入って痛いような気持ちがいいような心地でした。

寝たのはそのもみほぐしによるもの、というよりも暗くて寝て良さそうな暗くて静かでフカフカな環境であり、総合的なものな気がします。。

 

髪の毛が、バッサバッサもっさもさになったので、案内されたメイクルームで水を飲みながら髪を整えていると、

顔色がよい。そしてスッキリ感

まさに孫悟空の頭を締め付ける輪っかをとった時のようなきもちよさでした。

 

また、次回予約のためのiPadがあって、限定パスコードを入れるとその場で次回の予約をお取りできます、と説明があり、見てみると、

7月のほとんどの日程に、3~5枠ずつほどの空きがありました。

一般の人が見れるページにはない枠が、次回予約を検討する今この場所では取りやすくなってるんだ~と思って、

連続で予約を取ろうとする人には優しい仕組みなのだと感じました。

なんせ、やっとの思いでとれた1回目だから、次回予約がたくさん空いてるのを見ると取っておこうかな・・という心理が働きます。

5回ほど行くと、友達と二人で来ることもできる(?)、とも言われ、常連が新規を呼び込む仕組みも出来てるし、

悟空のきもちの採用HPには、「予約が常に満席だからノルマなし!!」と強気な募集文句がありましたが、

予約で常にいっぱいは見せ方と仕組み作りがなす業なのかな~と色々考えさせられました。

 

若干家に帰るときは、頭の血行が良くなってか頭痛に似た感覚もあったのですが、

幸い家に帰ってすぐ寝れる状況だったので、一休みすると短時間でぐっすり、頭もスッキリしました。

スポンサードリンク

ぶっちゃけた感想

私は鍼灸院などの外部の施術を受ける際はなるべくその院の強みになる点改善点を見つけて帰ろうとしているのですが、

強いて挙げるとすれば・・眠れそうで眠れないぞ・・と思った理由を挙げてみます。

椅子が軋んで飛行機酔いに似た感覚

乗り物酔いをしやすい私なのですが、悟空のきもちでも若干酔いました(笑)

おでこを押したりして椅子がきしむタイミングがあるのですが、

その時に謎に倒れるんじゃないかっていうくらいちょいペコッときしんで、

身体がひっくり返るんじゃないか、という私の身がまえと、頭やおでこをもみほぐす圧との反動やらになんだか頭がクラクラしそうになって、

心地よさで眠れそうで、椅子の軋みが怖くて眠れない、という繰り返しでした。

飛行機でもなかなか眠れない私ですが、揺れでびっくりしたり落ちるんじゃないかとソワソワする感覚が少し似ていました。

マスクをしたままなので苦しい

マスクをしたままの施術でお願いしますと言われた施術中。

もともとマスクしていると、それだけで息が苦しくなる時があるのですが、

施術中、顔を押されるときがあって、もみほぐし用の布+不織布マスクのコンボが重なって?

鼻の周り、頬骨辺りを押されるとき、息する隙間がなく、苦しく感じるときがありました。

鼻だけでも出させてもらえば良かったか、布マスクとか通気性のいいマスクが良かったのか・・とにかくコロナが憎く思えました。

 

色々と書きましたが、実際相性やコンディションの問題かなと思うので、

知らぬ間に寝かされていたし、頭はスッキリして顔もなんだか艶やかになったし、

人気や技術がホンモノであることは間違いないと思います。

 

以上、他にも治療院へ行った体験レポートを書いていますので、ぜひご覧になってみてください!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。