ホワイトな会社をやめた理由。定時退社・休みが取りやすくてホワイトなのに、不満だったのは?

人事・採用担当として、学生に会社をアピールする・・という、いわば

「会社が大好き」

であるはずの仕事をしていながら、

「こんな会社嫌だ!私はやりたいことをやるぞ!!」

と、一念発起し脱サラしたtmo。

世間の評価基準で言えば、私の勤めていた会社は、「ホワイトな会社」でしたが、
なぜ「こんな会社嫌だ辞めたい」と思ったのか・・
分析して、書き残しておかないと、次に活かせません。書き示していきます!

スポンサードリンク

どんなホワイト会社だったのか?

私の勤めていた会社は、地元ではそこそこ名の知れた企業でした。

どんな点がホワイトだったかというと、

  • 定時出勤して、定時退社できる

私の部署は、ママさん社員が多く、定時退社して家にサッと帰る方が多かった。

私も先輩が先にスッと帰っちゃうので、気を遣うこともなく、定時で帰ることが出来ました

ただし、同期などの話を聞くと、
帰れない・残業2~3時間は当たり前、なんていう部署もありました。

  • 休みを取りやすい

仕事と過程を両立して働いている方が多かったので、休みに関する福利厚生が充実していました。

新人でも気兼ねなく、休みたいときに休みを取れる環境でした。

 

以上。
簡単に言えば、

「早く帰れるし、休みたいときに休める」

というホワイト要素があった、ということですね。

仕事第一ではない私にとっては、
嫌々は行くけど早く帰れるから、行けなくはないし、
休もうと思えば(もちろん有給の許す限り)休めるのが、
そこそこ続けられた理由だと思います。

 

でも、続けられなかった。

なぜか。

仕事面、環境面、報酬面からアプローチしてみていくこととします。

スポンサードリンク

仕事面が合わなかった?

仕事面で不満がない、、というのは、
社長や経営者など、

「自分の夢を叶えるべく事業を起こした人」

に限られてくるかと思います。

オリジナルのコンセプトでお店を構えている個人のお店とか、こだわり抜いていて自分に正直なお店づくりをしていて、

その人の「夢の形」ってこういうことなのか~~という気持ちに私はなって、そう思うのです。

その、個人店規模だったのが大きくなったのが、会社だと私は考えていて、

会社員は、その事業を起こした誰かの夢を叶える手伝いをしている・・と思うのです。

 

だから、社長や経営者の考え方に
完全に同調していないと、

会社勤めではなかなか
「やりたいこと=仕事」という人は少ないと思います。

でも、就活で企業を選ぶときは、
この会社だったら自分のやりたいことができるかも!
という期待を持って入社する一社を決めますよね。

 

私の場合も、
「やりたいこと=仕事」になるのはここだ!
と期待して、就活で内定を得て、入社に至ったわけです。

が、なかなかに違いました。

会社
「異動があって、いろんな部署を経験できます!!」

就活生の私
「どこに行きたい、とか何が自分に合う、とかよく分からないし、色んな経験して自分を成長させたいな!いいなここ」

入社後の私
「異動したことない社員が多勢、仕事がルーチンで人に仕事がくっついている、成長ナニソレ」

私は、「成長」がしたくて、ルーチンを避けたかったんだと思います。

一つのスキルを身に着けたら、それをルーチン化するのではなく、次の新しいことを身に着けたかった。

 

色んな事業に挑戦している会社に感じたから、「ルーチン」のイメージがなくって、

公務員とか、インフラ系の企業がルーチンなのかな、という考えでした。

事前リサーチの乏しいあまちゃん学生でした。

ルーチンだからこそ、女性は家庭との両立が出来るわけだけど、、子供が出来る前から、自分の成長を止めたくない私には、ルーチンが苦痛で

エネルギーを持て余す職場だったのかもしれません。

スポンサードリンク

環境面が合わなかった?

仕事を辞める理由で多いのが、人間関係、と言われるも、人は選べないもの。

また、オフィスの場所や清潔さというのも、事前チェックはできるものの、
環境面だけが不満で、その会社に就職しない、というのもおかしい話です。。

 

私の場合も、どうだったか、振り返ります。

  • 人間関係:強キャラ系と、全体の雰囲気として「無意識の無関心」が辛かった

強キャラ系はどこでもいると思いますが、私の周りの強キャラは、

早口保守派上司(メモかメールにしてくれるだけでありがたい、何を訴えても変えてくれない)

ネットサーフィンクソゴミ(人当たりがいいのに、ネットばかりで仕事していないのバレバレ)

そんな強キャラじゃないですかね・・

まあ、こんなつまんない人たちのことが、日常に降り積もるストレスになっていました。。

 

むしろ、強キャラというよりも、

無意識の無関心がつらかった

一人ひとりとお話したら、みんな優しいんですけど、、オフィス全体としては、みんな周りに無関心

 

職場に入り始めで、右も左もわからず慣れない私を、歓迎するでもなく、、淡々とみんな自分の仕事をしていたり、、

いつまでも名前で呼ばれなかったり、、
仕事を頼むとき目を見て言ってくれない上サッと立ち去ったり、、

なんか、総じて、自分、
「空気」のような扱いだったんですよね。

 

そしてたちが悪いことに、
それをみんな無意識に行っていること。

無意識な無関心は、
本人は「ひどいことは私はやっていない私は何も悪いことをしていない」と感じているけど、受け取る側は辛い。。

意識的な無関心は、意図的にいじめとしてやる無関心。

 

本人悪気がないし、ささやかとはいえ優しくはあるから、こちらも何に苦しんでいるのか分からなくて、
ずっと「世代ギャップ」かな、なんて思ったんですけど、
私、結構老若男女問わず話せる系だから、単に、お互い関心がなかったのかな・・ということにしてます。

報酬面が合わなかった?

  • 給料は高くはない

高いほうがいいですよね・・

  • 10年上の先輩がやっと昇格した

それで、そんなに年収アップしないんですよね・・

まとめ

以上、ホワイトな会社を辞めた理由を書き示していきました。

 

これが他人だったら、と客観視してみるなら、
ゆとりっぽい、とか、いろんなお叱りを受けるべき理由もあるな、根性ねえな、って思います。

でも、どんな理由であれ、
辞めたい。。
と思っている最中の人は、

苦しくて、辛くて、早く逃げ出したい気持ちでいっぱい。

そして、辞めた今、すごく心が晴れやかです(収入減ではあるけれども)。

人や給料面に恵まれた環境に置かれていたとしても、なにか心がもやもやしていたり、これが自分の道だ!とはっきり言えないのであれば、一度自分の思いを見つめ直すべきかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です