「会社辞める」転職はいやだ、専門学校に通うぞと見切り発車した私のアタマのなか。

「あなたのつぼ」をいつも読んでいただきましてありがとうございます。

運営者tmo。

ついに、ついに、

長年、無限の可能性を感じていた足つぼ、東洋医学の道へと進み、

地元富山のホワイト会社を辞め、はり・きゅう・あん摩マッサージの三つの資格を取るべく、

三年間東京の専門学校に通うことになりました~~!!

(家族、旦那さん、理解示してくれてありがとう。会社の人、お世話になりました。迷惑かけます。)

今の気持ちを書き留めておく意味も込め、報告がてら、

鍼灸マッサージ師になろうと思った経緯を自由に書き示していきます。

スポンサードリンク

プチ鬱かも!から、もう辞めよう!までが速かった

2019年、年が明け、会社に出社の1日目。

「ここに居たくない」

「なんか、もう無理」

そう思っている自分がいました。プチ鬱でした。

会社辞める辞める詐欺でなんだかんだ仕事を続けていた私だったけど、

モチベーションというモチベーションがついにカラッカラになってしまった。

 

そう思ってしまったら行動は早かった。

まだ次何するか決まっていないのに、

上司に退職したい旨を伝え、3月末までには辞めます、と宣言。

かなり見切り発車でしたが、それくらい気持ちが抑えきれなくなっていたんだと思います。

スポンサードリンク

最初は転職を考えたが・・

見切り発車後、最初に考えたのは転職。

でも、スカウト系の転職サイトに登録してすぐ興味をなくしてしまった。笑

 

人事に携わる者ならではのあるあるネタだと思うのですが、

普段入社希望者の応募書類や履歴書見てばかりいると、

自分は他社に応募する気がなくなります。

評価する側が評価される側になることに、ちょっと臆病になってしまうのと、

よっぽどおかしな企業でない限りは、中途採用は経験を重視するので、

人事系のスカウトが多くて、なかなか未経験者が異業種に応募しずらい。

 

私は、足つぼ開業に向けて、技術を磨く職につきたい、と思っていたんです。

スポンサードリンク

中途半端にしたくなくて専門学校へ行くことを決意

足つぼセラピストになりたい私。

何にせよ経験がないので、未経験者歓迎の仕事をまずは探しました。

 

足つぼって、人の体を触る仕事で、高い技術力がないと出来ない、というイメージがありますが、

国家資格といえる資格はなくて、実は素人でもお店が出せて、お客をとることができます。

 

国家資格といえるのは、「あん摩マッサージ師」ですが、

それ以外の資格のない人たちもいて、それぞれ独自の研修や民間資格

(簡単に済ませるところもあれば、ガッツリやるところもある)を受けただけの、

いわば素人ともプロとも線引きがし難い人たち。

店によって技術レベルがピンきり。

そのレベルを判断し、比較するのは時間を要します・・

 

つまりは、未経験者OKの転職だと、中途半端な技術になる可能性が高い。

それは、いや。

 

もう、働いてお金もらいながら、なんて考えは、捨てよう!!!

あん摩マッサージ師、取ったれ!!

そうだ、専門学校だ!!

 

そうして、あん摩マッサージに加えて、鍼灸も合わせてトリプル資格がとれる学校もあるぞと、

専門学校に行きつつ、バイトで技術と経験値を積もう!!と決意しました。

 

そこからの、見切り発車。

潔い。思い切ったね。

と、周りは言いますが、

私からすると、数年温めてきた思いをいまここで行動に移しただけ。

専門学校って、偏差値がなくて、面接試験だけをパスしたら、あとは、通うのみ、勉強あるのみの世界だった。

会社を辞めます、と上司に告げたら、「あなたの人生だから」と、引き止められることもなかった。

なんだ、こんなに、簡単なことだったんだ・・

速くやめれば、良かった。

 

今は、周りに迷惑をかけるなあ、という罪悪感と、

新しいステージに立った!というワクワク感で、混乱中ですが、

新しい道で、夢を叶えていくべく、邁進していきます!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です