ひふみ投信が結果を出し続ける訳。働くを好きになろう。ありがとうで溢れた社会へ。投資を通じた社会貢献とは。

講演で再確認した藤野哲学:「ありがとう」に溢れる社会へ

右肩上がりのひふみ投信のファンドマネージャー、藤野英人さんの講演を聞きに行ったtmo。
そこでのお話は、著書の
投資家がお金よりも大切にしていること

そして、お金の常識をカエル、のこちらの記事、

いま話題のひふみ投信・藤野英人が熱く語る「僕らのライバルは壺やタンス」


に基づいたお話でした。

ジュニアや積立など広がりを見せるNISA、20歳以上の国民は何らかの形で関わるidecoなど、投資に興味がある人が増えつつある今!!

藤野さんの投資スタンスをtmoなりに一言で現すと、

「ありがとう」を生み出す企業への投資。

備忘録ということで、著作、講演、記事を元に、藤野さんのスタンスの重要ポイント、印象ポイントをまとめていきます!!

スポンサードリンク

①投資が好きになるの源泉は、まず「働く」が好きになること

「働くこと、好きですか?」

「自分の勤めてる会社、好きですか?」

この問にYESと胸を張って言える日本人は、藤野さん曰く、半々くらい、だそうです。
私は、NOです。笑
今の仕事なんて辞めちゃって、キラキラ楽しくや心からやりたいことを仕事にしたいな!ともんもんと爆発を抑えてます。

多くの日本人は、
仕事とは、「ストレスと時間をお金に変えること」


と考えていて、ストレスを押し付け時間を拘束する会社が嫌い。そしてそんな労働環境が嫌でも、転職するのってなんか悪い気がして、なかなか環境も変えられない。
ずーーーっとなにもかもに我慢しています。
そんなストレスフルな状態なら、他の会社を投資を通じて応援しよう!なんて思わないし、他人のことよりも、自分の利益。
貯金通帳にせかせかとお金が溜まるのが一番、と落ち着いちゃいます。
それは金を眠らせている!!

もっといいことに使おう!!

勿体無い!!
という趣旨のことを、藤野さんはおっしゃいます。tmo脚色。

スポンサードリンク

良いサービスも、良い技術も研究も、まずは、誰かがリスクをとって、お金を集めて、投資して、仕事を生み出しています。
そうやって形になったら、誰かに感謝され、大きな信頼になって、喜びになる。
つまり、本来仕事とは、感謝があって、成長があって、とても楽しくて幸せなことだから、
そんな仕事と機会を与えてくれる自分の会社が好きで。他の頑張っている人や企業を応援したくなる!というもののはず。

・・という意識に変えて投資のイメージを変えたい!というのが、藤野さん。
藤野さんのように、人への感謝の気持ちで社会が溢れたら、なんか平和で豊かな社会になりそうダナー
今の日本がちょっと暗いのは、まごころある正直な会社がないからか・・?

②ありがとうも投資です。

出張で飛行機を利用する機会の多い藤野さんは、着陸後、飛行機を降りる際、キャビンアテンダントがありがとうございますと頭を下げていても、お客さんからありがとう、という言葉が出てきていないのを度々目にするという。

日本のどこにでもある、普通の光景ですが・・

おもてなしの心、などと、世界からも賞賛される日本のイメージとは裏腹に、外国からきた人は、日本人はなんと挨拶がなくて冷たいんだ、という印象を持たれるかたが多いそうです。

そう、賞賛のスポットが当たっているのは、仕事として、我慢して働いている日本人。
お客としての日本人は、コンビニでも、駅のホームでも、飛行機でも新幹線でも、家でも「ありがとう」という言葉をかけることは少ないのではないのでしょうか・・?


ありがとう、という言葉は、今すぐに、元手無しで出来る投資!

ありがとう、と言われた人は、嬉しくて、自分がお客さんの立場になったときにも、ついつい、店員さんとかに、ありがとうと言って・・・と、ありがとうのリレーになりますよね!

これも、繋げばつながるほど、人への感謝の気持ちで社会が溢れそうですよね!

③株式投資は社会貢献

藤野さんいわく、売却益が出る、っていうのは、株価が上がる、ということ。
株価が上がる、というのは、企業が情熱と、工夫を凝らして頑張った結果である、利益が伸びていて、市場での注目度が高く人気である、ということ。

利益を上げるには、なによりも、お客様からの信頼を得ることであることから、
長期的に収益をあげる会社とは、自ずと、正しい方法で、適切な価格で、良いサービスを社会に提供し続けている会社。
自分のお金を眠らさせておかずに、人への感謝の気持ちを生み出すサービスや商品を作り上げるこういった会社に投資することが、社会貢献につながる!ということです。

まとめ

投資のイメージを変えて、眠っているお金を活用すること。

それが、社会を感謝の気持ちでいっぱいにしていくことにつながる。

そう考えると、投資の知識を身につけて、お金に働いてもらってもいいのかな~って気になります!!藤野さんの考えのもと、少しずつ、できることから、投資の世界へ一歩踏み出してみてはいかがでしょう!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です