マーガリンやショートニングだけじゃない?意外なトランス脂肪酸を含む食品まとめ

日本では通常の食生活を送っていれば健康への影響は小さく

食品に含まれる量の表示の義務はない、とされ知らず知らず身近に浸透している

「トランス脂肪酸」。

癌やアルツハイマーなど、様々な病気の原因と考えられていて、

欧米などでは規制が始まっていますが、日本ではなかなかそれが難しいようです。

一体何に含まれるのでしょうか?まとめてみました!

スポンサードリンク

トランス脂肪酸は何に含まれるの?

トランス脂肪酸が含まれる食品は、大きく分けて2つ。

  1. トランス脂肪酸を含む油を使ってつくられたもの
  2. 製造・調理の過程で植物油がトランス脂肪酸に変化してしまっているもの

それぞれ見ていきましょう!

1.トランス脂肪酸を含む油を使ってつくられたもの

トランス脂肪酸が含まれる油は、工場などで大量生産され、

植物油などの液体の油に水素添加させ、比較的安価に作れます。

その安価に作ったトランス脂肪酸が含まれるの代表、とされるのは、有名所では、

  • マーガリン
  • ファットスプレッド
  • ショートニング

がありますが、意外なところで、

  • 加工油脂
  • 植物油脂

といった表記がなされているものにも、トランス脂肪酸が含まれています。

これらは、安価という理由以外にも、

お菓子に使えばさっくりと焼き上り、揚げ油に使用すると、衣がパリッと仕上がる、、

と美味しい食感になることからも、

使っている飲食店や食品加工業者も多い、とされています。

これらが原材料名にあるものにはもちろんトランス脂肪酸が含まれることになり、避けたい食品です。

使われる一例を表にまとめました!

使用される加工食品例
マーガリン

ファストスプレッド

パン、ケーキなど

バター代わりに

ショートニング ドーナツ、クッキー、ケーキ、パイなどの焼き菓子

フライドポテトやフライドチキンなど揚げ物

食感を生み出すために

植物油脂 カレールーやパスタソース、マヨネーズ、など調味ソース類

コーヒーフレッシュ、ホイップクリーム、

アイス、チョコレートなど菓子クリーム類

大量生産食品を安価に作るために

いかにも、普段から食べているものばかりですね・・!!

とくに植物油脂は、名前の印象から、植物由来でクリーンなイメージを受けますが、

油を使う加工食品には必ずと言ってもいいくらいに含まれていて、

避けたくてもなかなか避けれないかもしれません。

また、スーパーやコンビニで売られているアイスでは、トランス脂肪酸の使われている比率が、

ラクトアイス>アイスミルク>アイスクリーム

となっていて、ラクトアイスにはコーヒーフレッシュと同じ植物油脂がたっぷり。

アイスクリームは牛乳などから作られる脂肪分なので、安心・・といった簡単に見分けがつくものもあります。

加工食品を購入する際は、原材料名をチェックして選びましょう。

2、製造・調理の過程で植物油がトランス脂肪酸に変化してしまっているもの

もともとトランス脂肪酸が含まれない油であっても、

「温度が高い状態で、長く加熱する」環境下にさらされた油にはトランス脂肪酸が作られてしまうと言われています。

つまりは、何度も同じ油で、常に温度が高い状態にしてあるフライヤーを使うなら、

ファーストフード店やコンビニ、揚げ物料理のお店、食品加工の工場では、

水素添加した覚えはなくても、トランス脂肪酸がたっぷりなんです。

 

以上、

市販のものは、安価なトランス脂肪酸を原料にして揚げることもあるし、

そもそもトランス脂肪酸が含まれない植物油を使用していて安心していても、

長く加熱しているうちにトランス脂肪酸が発生してしまうので、

原料表記が(トランス脂肪酸がない)植物油だとしても、

トランス脂肪酸が含まれた植物油であることもあるのです!!

スポンサードリンク

最後に トランス脂肪酸を避け病気を予防しよう

脂肪を研究している科学者立ちの間では、油に水素添加することを

「オイルをプラスチック化する」と言っているそうで、

このプラスチック化を経て出来たトランス脂肪酸は、プラスチック同様、

分解されない物質で、自然界に存在もしない物質。

工業的人工的に生産されるため、品質のばらつきが無く、利用目的に合わせた自由な物性を作り出すことが可能で、安価で便利

そのため、今見てきた多くの加工食品に利用されているというわけなのですが・・

自然に存在しない人工産物であるトランス脂肪酸が体内に入り込むと、

細胞膜の構造や働きが正常でなくなってしまいます

この影響をもっとも受けるのは、60%が脂質でできている、と言われ、

必須不飽和脂肪酸のn-3脂肪酸が不足している場合には、

トランス脂肪酸が代わりに構成材料に使われることになるとか。。

その結果ADHD、情緒不安定、うつ、集中障害などの脳の重要な機能低下を招く恐れがあり、

特に、発達途上にある子供の脳の発育、人格形成に与えるダメージはかなり大きいと考えられています。

 

日本では規制されていない、トランス脂肪酸。

知らず知らずのうちに、口に入れていますね、、これは絶対言いきれそうです。

普段から口にする食べ物には、トランス脂肪酸が含まれていないかどうか、注意しましょう!!

摂取してしまったトランス脂肪酸を排出する方法が知りたい方は、こちらもチェック!!

摂取してしまったトランス脂肪酸をデトックスするには?!3つの排出法!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です