水だけで落ちにくい!ダマが残りやすい酒粕パックをきれいに落とすコツ!

酒粕パックを自宅で作る美肌女子急増中!

保湿や美白効果が期待され、美容にいいと注目の、

酒粕。

そんな酒粕をパックとしてお肌に乗せる女子が増えてきています!!

ですが、もったりねっとりする酒粕を肌に乗せたあと、

「洗い落としにくい」

「ダマが残る」

ってなってしまい、大量の水で流さないと落ちない~~となってはいませんか?

ちょっとしたコツではありますが、毎日酒粕パックをしているtmo流、酒粕パックの落とし方をご紹介いたします!!

スポンサードリンク

酒粕パックを作って洗い流す!

酒粕パックの作り方は、

①スーパーなどで買った酒粕を準備し、

肌の上でのびやすい硬さになるまで、酒粕に液体を加えてこねる

ということ。お手軽ですね。

液体、としたのは、水で混ぜるのが基本なのですが、

日本酒・豆乳・ハチミツ・ヨーグルト・オリーブオイル

など、食べても塗っても美容効果が高い食品で混ぜて相乗効果を狙うのもアリ!!だからです。

どんな酒粕を選べばいいかを知りたい方はこちらもチェック!!

純米?吟醸?自分で作れる最強コスパ美容法・酒粕パックの酒粕はどれを選べばいい?

肌の上でのびやすい硬さ、というのもポイントで、実際うまいこと肌の上で均一には伸びません

ダマだらけですね。

でも酒粕が均一に肌の上に乗っていなくても、全体に広がっていれば大丈夫です。

(逆に言うと、一般的な美容クリームなどは、肌に伸びやすくなる状態にするための余計な化学物質が入っている、とも言えるのかも・・・とか勘ぐってしまう)

塗ったら、10分から15分放置します。(酒粕が乾燥してきます)

よく洗い流します。

はい。ここからです。tmo流落とし方

酒粕パックをしたら、伸ばしきれていないダマがあって、

それがなかなか洗い落とせなくて辛いですよね。

tmo流落とし方を、手の甲に乗せた酒粕で解説します。

手の甲に塗ったダマな酒粕。

乾燥するまでパックします。

カピカピになったところ、ここからが落ちにくいです!

ここからがコツです。

普通だとパシャパシャ水で頑張って流すだけだと思いますが、

ダマはそれでは取れませんよね。

そこで、水を2~3回とりあえず浴びて

しっとり全体が水分を含んだところで、

指の腹で優しくなでなで。伸ばします。

なでなで伸ばすときに、

水分を含んだダマを肌の上に滑らせることができ

水でパシャパシャするだけでは落ちない酒粕のダマを、取り除きやすくします。

何回か繰り返せば、きれいに落とせます!!

酒粕をだいたい落としてからダマを攻めるのではなく、

ダマを攻めながら酒粕パック全体を落とす!というのがtmo流の落とし方です。

落ちたら、化粧水、乳液で整え、終了。

以上です。

約5日を目安に使い切れる量を作って、冷蔵庫で保存しましょう。

また、酒粕パックは毎日行っても大丈夫です。
保湿効果がとっても高くて、空調で乾燥しがちな夏や冬のマストアイテムです!!

スポンサードリンク

酒粕パックの美肌効果って?

酒粕は、お米を発酵させたあとのいわば残りカスですが、
「発酵=分解」されて「取り込みやすい」状態になった栄養素の宝庫になっています。
美肌成分が豊富で、肌が取り入れやすくて、まさに

天然の美容液

です!

日本酒のしぼりカス、酒粕には、
美白成分でメラニン色素の蓄積を防いでくれるアルブチン、
しわやたるみ、くすみにも効果のあるコウジ酸、
フェルラ酸には強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれ、
保湿効果が期待できる成分がなんと100種類以上も含まれているとも言われており・・
美肌効果がある成分が豊富に含まれています。

酒粕を食べると体がポカポカしてくるように、塗ると肌が温まる効果もあり、
毛穴が開いて顔の汚れが取れやすくなったり、開いた毛穴から酒粕の栄養成分が浸透していき
さらに美肌効果を高めてくれます。

自分だけの酒粕を選んで、美肌をゲットしましょう!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です