乃が美の高級「生」食パンオススメ食べ方!二日目が美味しいのはなぜ!?食パンの常識を打ち破ったマーケティング!

乃が美の美味しさは食パンの常識を打ち破ったところにある

高級「生」食パンで話題の乃が美。

ハーフ1斤432円、
一本 2斤864円

と、まさに高級

近くにお店がOPENして行ってみたtmoですが、行列で人気っぷりが伺え、
30分ほど経ってやっと購入。

楽しみに食べてみたところ、味だけを評価すると、

ロールパンの味・・マーガリンの味・・
そんなに、人気になるかなあ・・

なんていじわるく思ったtmoですが、、

感想をいろいろ調べてみると、
「耳まで柔らかい!」「甘くて美味しい!」というコメントが多い中、
「マーガリンが強い」「期待したほどではなかった」など、否定的な意見もあるのがホントのところみたいです。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方で食べよう!

お店オススメの食べ方が、

・ちぎって食べる
1日置いて2日目に食べる

ということ。
早速試したところ、1日目はそのままちぎって食べようが焼いて食べようが、
ロールパンだ!なんてブーブー言ってて、

二日目に食べてみたら、ちぎってそのまま食べても焼いて食べても、今度は、
「こりゃ絶品だウマい」
「全部二日目に出せばいいのに」

なんて、ころっと意見を変えて思ったので(笑)ぜひ、二日目に食べてみましょう!
たまごサンドにしたり、フレンチトーストにしたり、焼いてオリーブオイルで食べたり・・
何にでもいけて、味はしっとりして、もちもち感は変わりません!

スポンサードリンク

食パンとしては「前代未聞」を打ち出した乃が美

改めて、食パン、というものについて調べてみると、

食パンというのは、焼き立てではなく、
焼いてから半日程度置いたものが味が馴染んで美味しく、
薄切りにしやすい硬さにもなり、と、

お店に出ている食パンというのは、
通常は焼き立てではない、ようです。

焼き立ての食パンは出さない、というパン業界の常識を打ち破って、
あえての「焼き立て」「生」の食パンで売ってみたら、ヒットしたのが乃が美かも・・

なんて考えると、これ、かなりのマーケティング戦略なんです。

乃が美は
・厳選されたカナダ産の高級小麦・徹底して吟味した生クリームなどの素材を用いる
・卵を一切使わないパン作り。はちみつや練乳を使用。
・生地をこねる時間で通常の倍以上の時間をかけることでとろとろの生地を作り出した

といった行程を経て作られ、
パンそのものが高級なのは間違いありません。

ですが、そういった高級食パンって他にもありそうですよね・・?

なぜ乃が美がヒットしたかというと、そういった素材を厳選しただけの高級食パンにはない、
「売り方」が常識はずれだったからと言えます。

乃が美の売り方は、

  • 半日置いた状態で売り出されるのが常識の食パンで、
    焼き立てをあえて「生」食パンと売りに出した、ということ。

客には2日目が美味しいとコメントしつつもあえて「生」を出す。
焼き立ての一番ふにゃふにゃな温かい状態で売り出された初めての食パンとも言えますね。

  • 6枚切りや8枚切りなど、客の要望に応じてスライスして販売するのが常識の食パンで、
    「ちぎって食べる」はじめてのパン、「耳まで柔らかい」はじめてのパン、ということ。

「高級」「生」を求めて高い買い物してると不思議と「カットしてくれ」なんて言わないけど、
普段パン屋さんで食パン買うってなったら、絶対言うし、カットしてくれないところはサービスが悪いなあ、なんて思っちゃいますよね。


カットするには焼き立てではなく、半日置くのが常識。
焼き立てをカットするサービスが不可能だからの、ちぎって食べようアピールかも?!

味だけの美味しさなら他のお店の方がいいんじゃない・・?
なんて思いつつも、乃が美があえて出してる「生」のふわふわ感と、二日目の美味しさを求めて、買いに行ってしまう、tmoなのでした~

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です