宿泊客以外もOK!マリーナベイサンズのプールを眺め方行き方!GoogleMapでパノラマが見れちゃう?!

マリーナベイサンズ宿泊客じゃない観光客が行くべきはスカイパークではない?

シンガポールといえば、屋上にインフィニティプールのある、マリーナベイサンズへの観光は外せないですよね。

でも、プールに入れるのは宿泊客のみ・・
宿泊するとなると、1泊1部屋6万円くらいが相場です・・

せっかくのシンガポール、なんとか、あのプールに行きたい!!!

ですよね・・・

多くの方は観光ガイドブックに紹介され、宿泊客ならずとも入れる、
57階のサンズ・スカイパークに行っているのではないでしょうか?

屋上からの絶景は圧巻だけど、プールが一つ上の階にあって、スカイパークに行くだけではプールは見えず、悶々とした気持ちで帰ることになっちゃいます。。

先日シンガポールに行ってきたtmo。

サンズ・スカイパークに行かずして、
マリーナベイサンズに泊まらずして、
プールのそばまで行ってきましたよ!!!

めちゃ近い・・

せっかくのシンガポール旅行。プールに入った気分、味合わってみませんか??

スポンサードリンク

CÉ LA VIというインフィニティプールとなりのバーは観光客でも行ける

宿泊客じゃないのに、どうやってインフィニティプールの近くまで行けちゃったのか!?
それは、観光客でも行ける、
CÉ LA VI →公式情報コチラ
という、インフィニティプール真横のバーに行ったからなんです。

どうやって行くの?!

スカイパークと同じ、ホテルタワー3のエレベーターで行けます。

スカイパークへの案内に従えばエレベーター乗り場が見つかるはずです。
地図をちゃんと見たい方は公式情報も見てね

スカイパークへのチケット売り場・受付がCÉ LA VIへのチケット売り場でもあります。
チケット売り場でCÉ LA VIに行きたいと言いましょう!!

(ちなみに、受付にポストカードがありました。英語が出来なくてもこれ指差したらええかも)

スカイパークへは大人23シンガポールドルかかりますが、

CÉ LA VIへは大人20シンガポールドルです。

チケットがこちら。よく見ると、

REDEEMABLE FOR FOOD, BEVERAGE AND MERCHANDISE

と。

REDEEMとは、買い戻す、という意味。
つまり、食べ物や飲み物と交換できるということで、なんと、この20シンガポールドルを使って、

フード・ドリンクメニューが注文出来るんです!!(裏面フードメニューでした)

20ドルを超えた分には追加料金は払わないといけませんが、例えば3人で行って、一組60ドルの注文をしてもOKです。

一つにつき20ドル以上のメニューばかりで、結局払うんだけど・・

スカイパークは入場料だけで23ドルだったことを考えると、
CELAVIは20ドルで飲み物も付けば、プールにも近くて、絶景も見れて。
満足、満足!!!

ちなみに席は日本みたいに店員さんが指定するでもなく、自由。

プールの間近が空いたら争奪戦状態で、満席でも立ち飲み席に案内されたり。笑
屋上からの絶景と、プールに入った気分になれる間近さは、体験必須ですよ!!

スポンサードリンク

Googlemapのストリートビューで360度カメラで撮影した画像で見れる!!

ちなみに、より雰囲気を事前に知っておきたいという方にオススメなのが、

Googlemapのストリートビュー

ストリートビューって車でカメラ撮影するやつじゃん、
屋上のプールに車両とか無理じゃん、というツッコミしたあなた。
見てみて。


そう、360度カメラでの撮影!!
ストリートビューのように進行方向指定したり移動したりは出来ませんが、撮影スポットからの360度、どの方向の様子も確認できますね。

にこやか素敵な撮影者が立っているのがCÉ LA VIの最もプールに近い際のキワです。
プールの真横やん!!近っっ!!
てのが360度ぐるりと見て分かっていただけましたでしょうか。
Googleさんの素晴らしい仕事っぷりがまた明らかになりましたね。

そして真横は真横なのですが、CÉ LA VIからプールの方へと通じる入り口はなく、CÉ LA VIの客は立ち入りできなくなってます。

CÉ LA VIのパノラマ写真はどうやって見れるの?

Google Mapのページを開き、右下の黄色い人をクリックすると、ストリートビューになります。

画面下に表示されたマークの説明にあるように、水色の直線になっているのがストリートビュー。

水色の○で示されたスポットで360度パノラマ写真が見れます。

ストリートビューは基本、昼の景色ですが、360度パノラマ写真の中には夜景が撮影されているものもあって、夜景も楽しめちゃいます。

ストリートビューの線での撮影とは違い、360度カメラによる点での撮影ですが、かなり雰囲気がよくわかりますね!!

360度カメラが気になった方、ネットで2万程度で買えちゃいますよ☆こちらもどーぞ

まとめ

シンガポールのオススメスポット、インフィニティプールのお隣
CÉ LA VI
をご紹介いたしました。


シンガポールへお越しの際は、ぜひご参考にしてみてくださいね!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です