アルビスがPonta・CoGCaを導入!どう使えばお得でポイント高還元率か比較してみた

アルビスの会員カードがPonta+CoGCaカード付帯に!

北陸三県を中心に展開中の食品小売スーパー、アルビス

2015年に東証一部上場し、
2016年には50週年を記念してUSJのウォーターワールドを全社員で貸し切りしたり、(大阪屋ショ○プが大阪のUSJ行くならシャレがきいてるけどなあ・・)
などとノリに乗っておりますが。

2017年10月4日より、独自に展開していたアルビス会員ポイントカードを刷新し、
アルビスのお買い物で貯まるのはPontaポイントになり、チャージして電子マネーが利用できるCoGCaも付帯されたカードが会員カードになりました!!

なお、このアルビスカードはPontaとスーパーマーケット共通電子マネーCoGCa(コジカ)」を同時に利用できる初めてのカードだとか・・へえ・・

スポンサードリンク

カードは2種類。(アルビス会員証+Ponta+CoGCa)に、クレジット機能有りか無しか!

カードは2種類。
・アルビス会員証+Ponta+CoGCaの

アルビス Ponta カード」

そして、

・アルビス会員証+Ponta+CoGCa+MastercardⓇ

アルビス Ponta カードプラス」

です。

要はクレジット機能がなしか、ありということです。
どう使うのがお得なんでしょうか?掘り下げてみます。

10000円の買い物を例に・・

税抜き10000円税込み合計10800円のお買い物を、アルビスポイントデーでの利用を例に、どうカードを使うのがお得か?その還元率を考えてみます。

①アルビスPonta以外のPontaカード

既に他のところで作ったPontaをお持ちという方も、アルビスの利用でPontaが貯まります。
税抜き200円で1Pなので、

税抜き10000円税込み合計10800円での買い物では、

10000円÷200円/1P=50PのPonta

が貯まります。

還元率は1万800円で50P=50円バックなので、0.46%の還元率です。

アルビスPontaカード以外のPontaは、アルビス会員ではないPontaなので、ポイントサービスデーであろうと、ただのPontaを持ってるだけでは倍にはなりません。アルビスPontaしかだめです。

ですが、
アルビスのレジはクレカ対応ですので、支払いを現金でなく、高還元率のクレジットカードにすれば、お持ちのクレジットのカード還元率分戻ってきます。

例えば、tmoが使っている楽天カード(還元率1%:100円につき1P)を支払いに利用した場合だと、

10000円÷200円/1P=50PのPonta
10800円÷100円/1P=108Pの楽天ポイント (楽天は税込み金額にポイントがつくのだ!)

が貯まります。

還元率は1万800円で50PのPontaと108Pの楽天ポイント=158円バックなので、1.46%の還元率です。

+1%になりました。

そもそもが高還元率のクレジットカード、強し・・!!

スポンサードリンク

②アルビスPonta CoGCaかクレカか?

アルビスPontaはクレジット機能有り無しにかかわらず、持っていれば、アルビス会員です。
アルビス会員は、前述のアルビスサービスデーがお得

クレジット機能なしのアルビスPontaでは、ポイントが5倍になります。
クレジットありのアルビスPontaでクレジット支払いだと、7倍です。

ありの方がお得に感じますね~~
(店舗によってポイント倍率違うところもあるので、要チェック!!)

クレジットなしの場合を見ていきます。

通常税抜き200円で1Pのところ、ポーナスポイントで+4P入ります。合計5倍になってますね。

税抜き10000円税込み合計10800円での買い物では、

10000円÷200円/1P=50Pの通常Ponta
+50P×4倍ボーナスポイント200P → 合計250PのPonta

が貯まります。還元率は1万800円で250P=250円バックなので、2.3%の還元率です。

なお、これは、現金支払いのときの還元率。

アルビスPontaのCoGCa支払いでも、お持ちのクレカ支払いでも行けますよね。

アルビスでは10000円札でCoGCaにチャージすると、アルビスだけで利用できる50円分の電子マネーがゲットできます。

1000円札を10回に分けてチャージするなど分けてチャージしても50円はもらえないのが注意です。

チャージするだけで還元率は0.5%。CoGCaでチャージしたお金で支払ったとすると、

10000円チャージして 50円分 CoGCa電子マネーゲット

10000円÷200円/1P= 50Pの通常Ponta
+50P×4倍ボーナスポイント→合計 250PのPonta

となりまして。還元率は1万800円で250Ponta+50円電子マネー=300円バックなので、2.77%の還元率です。

さらに、CoGCaではなく、楽天カード(還元率1%:100円につき1P)を支払いに利用した場合だと、

10000円÷200円/1P=50Pの通常Ponta
+50P×4倍ボーナスポイント→合計250PのPonta10800円÷100円/1P=108Pの楽天ポイント (楽天は税込み金額にポイントがつくのだ!

還元率は1万800円で250PのPontaと108Pの楽天ポイント=358円バックなので、3.31%の還元率です。ダントツトップですね。

では、

クレジットありのアルビスPontaの場合を見ていきます。

通常税抜き200円で1Pのところ、ポーナスポイントで+6P入ります。合計7倍ですね。
税抜き10000円税込み合計10800円での買い物では、

10000円÷200円/1P=50Pの通常Ponta
+50P×6倍ボーナスポイント→合計350PのPonta

が貯まります。還元率は1万800円で350P=350円バックなので、3.24%の還元率です。
なお、クレジット支払いじゃないと7倍にはなりません。。

通常Ponta+楽天カード     1.46%
アルビスPonta+CoGCa     2.77%
アルビスPonta+楽天カード   3.31%
アルビスPonta+アルビスクレカ 3.24%

税込金額にポイントがつく分、お持ちの高還元率クレカで支払ったほうが、わずかばかり、高還元率ではないですか!!!

ちなみに・・楽天とPontaのポイントの付き方を比較

Ponta1回のお会計ごと税抜きの金額に対して、ポイントがつくため、端数は切り捨てられます。

楽天一ヶ月分の合計、そして税込みの金額にポイントが付きます。無駄が少ないです。

どういうことかというと・・
Pontaが貯まり楽天クレジット払いOKなところで、

毎日1回
税抜き300円 税込み324円 の支出があり、
1ヶ月30日30回
合計税抜き9000円 税込み9720円

の買い物をしている人がいたとすると・・

Ponta
1回税抜き300円の支払いでは
200円以上400円未満なので、1Pがつく。

残り100円にはポイントはつかない。もちろん税金分もつかない。

1ヶ月30回同じ支払いで

1P×30回=30P 貯まる。

楽天
1ヶ月分の

税込み 合計金額9720円

に対し100円あたり1Pのポイントが貯まる。
つまり97P貯まる。

比較すると、税込み税抜きどちらが適用されるかの違い、一回ごとと合計額での違い、還元率の違いが、どしっとくるなあ・・

極端な例ではありますが、楽天のほうが、消費税分に、一回ごとの端金分が合計にもなってと、切り捨てられる分が少ないのがお分かりでしょうか・・?税込み税抜き、大事・・

まとめ

楽天カードなど、1%以上の高還元率のクレジットカードをお持ちの場合、

アルビスPontaのクレカなし一番高還元率で、お得に利用できそうです!

これに

これの組み合わせね。

カード2枚を出したりしまったりになりますが、アルビスPontaに、クレジット機能はつけず、1%以上の還元率のクレジットカードで支払うのが良いとの結論に至りました!

なお、

・Pontaを忘れて、後日レシートをもってきてもポイントは後からつかないそうです。
→スマホにPontaカードアプリを入れておけば、スマホがPontaカード代わりになります!!アルビスボーナスポイントもバッチリ入ります!!
https://www.ponta.jp/c/dpc/

・今だけの加入キャンペーン?!アルビス×Ponta スタートキャンペーンがお得!
http://pntc.ponta.jp/campaign/tkp17123/pc/

・新しくアルビスPontaカードを作っても新カードにポンタポイントは移行できない
→元からもってた方は複数枚持ちしなければです。。

富山で賢く、ポイントサービスを利用しましょう!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です