スーパー銭湯のリラクゼーション施設に足つぼ好きが行ってみた。

昨日のことですが、ヒールで歩いたtmoの足は痛みとむくみでパンパンで。おまけに冷えてて。外から温めるんじゃ~~~!!っと岩盤浴に行ってきました!!

岩盤浴って老若男女ほんと問わずにいますね。
寝てるだけでだばあと汗が出て。悪いものが流れていく感覚がスゴイスッキリ気持ちいいですよね。

みんな汗と老廃物を流したいのかな、岩盤浴のデトックス効果が老若男女を集めてるんだろなとしみじみ思いました。
デトックス足つぼも敷居を低くすれば、需要、あるな・・・ニヤリ
な~んて考えながら汗かきました。

併設の足つぼ施設に行ってみた

昨日はあまりにも足が張って痛くって、誰か私の足をもんでくれ~~!!!状態だったので、よくあるスーパー銭湯併設の肩とか腰とかもんでくれそうなところへ、GO。
おっかちゃんだ、あんたおっかちゃんだ。という奥様従業員に案内してもらい、うつ伏せに。


こんなベッドあるのねという顔ハメゾーンのあるベッドへだいぶ。
「痛かったらいってくださいね。」
と優しく言われ、痛いんだろうなあ痛いんだろうなあ、さあ、グイグイよ来い来い!!と待ち構えてました。
1分後・・痛くないなあ最初だからかな
5分後・・足裏来た!そうそうそこが詰まってるのよえっもうやめちゃうの?
15分後・・ZZZZZ
痛くない!!
フットマッサージを選んだけど、ちょっと押して、横に倒れる、の繰り返し。。

優しい・・おっかちゃんありがとう。。だけど。
それで30分2500円?!ああああ

 

足つぼの看板=効果的な施術をされる、とは限らない

前置きが長かったのですが、私の好きな足つぼは、罰ゲームさながらに痛い。
されてるときは苦痛なのですが、終わったときの爽快感はほんとに半端ないんです。

痛いのも効果がある証拠!

ですが、同じ足つぼという看板を掲げていても、チェーン店とかは、たいてい痛くないし、「痛くないですか?」と優しく気遣いされて、スッキリせずに終わります。

ツボに、ちゃんと入ってないんです。もっと遠慮せず!

日本では、そういったマッサージに対する線引が、キチッとなっていない現状があり、規制もなく統一されていない。
だから「足つぼ」につられて入っても、駄目なとこもあればすげーところもあります。

スポンサードリンク

事前に調べてから行こう!見分け

国家資格の「鍼灸師」「あん摩マッサージ指圧師」

医業類似行為と言われる、「あなたの腰痛を治しますよ」とか「肩こりを治しますよ」っていうのを謳ったマッサージには、鍼灸、あん摩・指圧・マッサージには、「鍼灸師」「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格があり、決められた教育機関で3年以上の教育を受け、試験に合格しないと、施術できません。

接骨院とかでも理学療法士さんが、腰痛を治すためのマッサージをしてくれますよね。これは国家基準での試験を通った方による施術なので、どこへ行っても変わりません。ただし、薬も場合によっては使います。

認定資格

そして足つぼには、明確な国家資格はなく、、、認定資格ということで、商標登録したいろんな機関が自己流でいろいろやってます・・認定はされているから、いいものの、いいところと、悪いところを自分で見定める必要があります。

無資格OK

一方でカイロプラクティック、整体、アロマテラピーなどは資格がなく、無資格者でもすぐに看板を掲げて営業開始、っていうことも不可能ではないんです。

このタイプにも足つぼを掲げる輩がいます。20時間研修を受けただけのバイトの時もあります。事前に調べて、本物のスッキリ体験を!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です