真っさらなただのお湯なのに?嬉しい3つの効果に白湯の作り方飲み方!

溜まった老廃物を排出しよう!日々取り入れたい3つのこと。
でご紹介した、白湯について嬉しい3つの効果に白湯の作り方飲み方について書いていきます。

白湯の嬉しい効果

①ただのお湯は内臓の汚れを洗い、老廃物が流される。

→家の掃除でも、窓とか壁とかの汚れって、水では落ちなかったのに温度をあげた水だと落ちたりしますよね!
コーヒーや紅茶などで汚れを落とそうなんて人はいません。だから暖かくってもコーヒーでもお茶でもなく、
ただのお湯なんです。

②温かいので、冷え改善になる。

→冷え取りの基本は冷たいものを避け温かいものを取ることです。

③胃や腸の働きが高まる。

→生きるというのは、分子的にみれば化学反応が起きているということ。化学反応は温度が高いほど活発です。つまり臓器の代謝は温かいほどUPします。

 

白湯の作り方

作り方って書くまでもなく・・わかるわ!!
って感じですよね・・ただのお湯だからな。

なんでも、白湯はインドはアーユルヴェーダの教えが総本山で。
それに従わないとなんかダメそうな雰囲気たっぷり。。で、その主張する完全な白湯とは、
風:ヴァータ 換気扇からの空気
火:ピッタ コンロの火。IHコンロやレンチンの電気はNG
水:カパ 住んでるところの水 ミネラルウォーターダメ。
風火水の性質が揃った飲み物だ!などなどなどなどチンプンカンプンピピピピピといったもの。らしい。ということで。

スポンサードリンク

~白湯の作り方~本格アーユルヴェーダ編

①やかんに水を入れ、強火にかける。換気扇を回す。
②沸騰したら蓋を鳥、湯気が上がるようにする。
③大きな泡がブクブクたった状態を10~15分沸かし続ける。
④冷まして、保温ポットに入れておく。

15分とかオイオイ・・インドの水は汚いからじゃないのオイオイ・・
と私は反抗しちゃいたいのと(笑)お風呂のお湯が汚れを落とすのと同じ感じで中も洗えればいいねや!という考えなので、
お湯ならなんだっていいじゃないの・・?と思っちゃってます。ということで。

~白湯の作り方~ズボラ編

①水を温める(やかんorレンチンorウォーターサーバー)
②飲める温度に調節(時間が経って冷めたら飲むor氷いれちゃう)

あくまでも、続けられるやり方でみなさんどうぞ!

tmoのオススメは、鉄分補給を兼ねて、鉄瓶でお湯を沸かすこと。
日本人はとにもかくにも鉄分が足りてないので、南部鉄器おすすめです!

白湯を飲もう

チンプンカンプンピピピピピ、なアーユルヴェーダの教えでいうと、カラダに毒素がある状態で白湯を飲むとまずく感じられるそうで、
最初はまずく、ちょっとずつ毒素を流していけば次第に甘く美味しく感じるとのこと。まじで~~~15分沸かそうかしら~~~。
すすりながら、ゆっくり時間をかけて、飲みましょう!とのことです。

飲むタイミング

食事中や、冷えてるなと感じたとき。また、老廃物を流すのを助けたいなって思ったとき。足つぼ後。
白湯の効果に助けてもらいたいときに飲めばOKです。

ちなみに、普段から白湯の恩恵を授かりたい場合、寝てる間に消化をすすめ、目覚めて排泄の準備だあ~~となっている
朝一番に飲むのが効果的だそうです。
白湯は夜の間冷えたカラダを温め、排泄&代謝UPしてくれるので、朝のお通じも白湯で催されますよ!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です